【エプソムカップ 2021】ザダルが重賞初制覇!東京の良馬場では瞬発力が活きる

2021エプソムカップ GⅢ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2021年6月13日、東京競馬場でエプソムカップ(芝1800m)が行われました。
JRA公式のエプソムカップレース結果

2021年のエプソムカップを制したのは、ザダル

競走成績:10戦5勝(2021年6月13日現在)

ザダルが重賞初制覇となりました。

3歳時にはプリンシパルステークスを勝つも、脚元の疲れが出て回避。
セントライト記念で3着に入り、菊花賞に出走するも13着でした。

4歳時はメイSで3着、関越ステークス1着と、良い競馬をして毎日王冠は5着でした。
毎日王冠は稍重で切れを発揮できなかった感じで、東京で良馬場だったら期待できるのでは?と思っていました。

レース前1時間くらい前から雨が降り出した時はちょっと不安でしたが、少量の雨で済み、馬場も問題ありませんでした。

ザダルは5歳ですが、まだこれが10戦目で、ダービー回避もあり大事に使われている感じですね。
血統的にもまだまだいけそうな感じですし、今後も楽しみです。

ザダルの血統

父:トーセンラー
母:シーザシー
母の父:Lemon Drop Kid(キングマンボ系)

血統表は以下の通り。

ザダルの血統
引用元:netkeiba.com

父はトーセンラーで、産駒は重賞初制覇となりました。
ディープインパクト産駒ということでザダルのように瞬発力がある産駒と、トーセンラーのように京都が得意な産駒がいるイメージです。

母シーザシーは中央で未勝利。

母の父Lemon Drop Kidは、現役時代はベルモントステークス、トラヴァーズステークス、ホイットニーハンデキャップ、ウッドワードステークス勝ちなど。
2000年のエクリプス賞最優秀古牡馬に選ばれました。
種牡馬としてもGⅠ馬を出しています。
日本ではアポロキングダムが走りました。

レース映像

ザダルは15番(橙色の帽子)です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:曇
馬場:良
レース時計:1:45.1
前半1000m:58.8
ラスト4F:46.3
ラスト3F:34.9
前後半600mのラップバランス:35.3 – 34.9
前後半800mのラップバランス:47.0 – 46.3(ミドルペース)

1着ザダル 3番人気

長い直線でぴったりでした。
中団で我慢して直線は外に持ち出して、スムーズに前が空きました。

1800mがベストなんですかね?
東京、新潟辺りで良馬場なら1600m、2000m辺りでも良さそうかなと思います。

2着サトノフラッグ 6番人気

直線はザダルの後ろから、内の空いているところを上がってきました。

ザダルが内に来て、ちょっと狭くなりました。
これがなければ勝ってたかもしれません。
内をさばいて上がってきた分、勢いで負けた感じですね。
詰まった後も追い上げてきているので、非常に惜しい内容でした。

AJCC、金鯱賞は馬場が悪くて走れず、良馬場なら走りますね。

3着ファルコニア 2番人気

内を避けてるところを通るしかなかったですね。
まだこれから良くなりそうです。

コース自体は合ってると思います。

4着ヴェロックス8番人気

ヴェロックスも外に出すコースがなく、内を突いて上がってきました。
復調気配があるかもですね。
広いコースの1600〜2000くらいなら、今後も期待できるかなと思います。

5着アトミックフォース 13番人気

2番手から抜け出して粘りました。
過去には状態が整わないこともありましたが、左回りは走りますね。

9着ヤシャマル 5番人気

現状こんなものなんですかね。
力は出し切ったと思います。

上がり馬ですが、まだまだこれからですね。

10着アルジャンナ 1番人気

脚を溜めたほうが良いと思いますが、溜めれない流れでしたかね。
前走後の反動もありそうなので、もうちょい間隔を空けたほうが良かったかなと思います。

前走はハイペースで展開も恵まれた感があります。
マイルの方が良さそうですね。

14着シュリ 4番人気

スタートは後ろからになってしまいました。
掛かるところがあるので内枠のほうが良いですね。

内枠なら1800mでも問題ないと思います。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました