【京都記念 2021】ラヴズオンリーユーがオークス以来の勝利!オークス馬だけど、やっぱり上がりが掛かる方が合う

2021京都記念 GⅡ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2021年2月14日、阪神競馬場で京都記念(芝2200m)が行われました。
JRA公式の京都記念レース結果

※2021年の京都記念は京都競馬場の改修工事の影響で、阪神競馬場で行われました。

2021年の京都記念を制したのは、ラヴズオンリーユー

競走成績:11戦5勝(2021年2月14日現在)

ラヴズオンリーユーはオークス以来の勝利となりました。

前走有馬記念はちょっと距離が長かったと思いますが、そこから距離短縮で得意の阪神で見事な勝ちっぷりでした。

2020年はドバイが中止になったり、惜しいレースも続いていました。
またラヴズオンリーユーの強いところを見れて嬉しいです。

次走は既に選出されているドバイシーマクラシックに向かうようですね。
メンバー関係がよく分かりませんが、行くからには頑張って欲しいです。
鞍上が誰になるのかも注目したいです。

ラヴズオンリーユーの血統

父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母の父:ストームキャット

血統表は以下の通り。

ラヴズオンリーユーの血統
引用元:netkeiba.com

父はディープインパクト。
ディープインパクト産駒らしく素軽いスピードがありますね。

母ラヴズオンリーミーは未出走。

母の父はストームキャット。
ディープインパクト×ストームキャットという配合は、めちゃくちゃ活躍馬が多いです。
キズナ、サトノアラジン、エイシンヒカリ、リアルスティールなどがいます。
リアルスティールは全兄ですね。

3代母がMiesque(ミエスク)。
ブリーダーズカップ・マイル連覇などGIを10勝した名馬です。
ミエスクの産駒に、キングマンボがいて、血統もかなり広がっています。

2代母Monevassiaがキングマンボの全妹になります。

レース映像

レース映像は以下のJRA公式レース結果のページで確認できます。

JRA公式の京都記念レース結果

天候:晴れ
馬場:良
レース時計:2:10.4
前半1000m:59.3
ラスト4F:47.2
ラスト3F:35.0
前後半600mのラップバランス:34.9 – 35.0
前後半800mのラップバランス:47.2 – 47.2
前後半1000mのラップバランス:59.3 – 59.2(ミドルペース)

レースのポイント

1着ラヴズオンリーユー

オークス以来の勝利ですが、ラヴズオンリーユーはオークス馬らしくないですね。

今回の阪神の舞台も得意にしていますし、上がりの掛かる競馬が合っているんでしょうね。
オークスも上がりが掛かる競馬でした。

エリザベス女王杯は2019年、2020年と共に3着ですが、瞬発力負けしたような感じです。

次走はドバイとのことですが、個人的には大阪杯が面白いと思うんですけどね。
とはいえ、せっかく行くからには好成績を期待したいです。

2着ステイフーリッシュ

2200mは安定していますね。
ステイフーリッシュは重賞で2、3着になるのが12回目で、ステイゴールドに追いつきそうらしいですね。

3着ダンビュライト

意外にも3番手からの競馬でした。

元々は皐月賞で3着ですし、こういうコースは合うんでしょうね。
このくらいのメンバーのGⅡなら勝てそうですが、去勢して、そろそろ落ち着いてくるでしょうか?

4着ジナンボー

ちょっと距離が長かったですかね。
インを回って内を突きましたが、詰まってしまいました。

妹のアカイトリノムスメも重賞を勝ちましたし、ジナンボーも小回りローカル2000あたりで重賞勝てないかなと思っています。

5着ワグネリアン

喉の手術で休み明けでした。
いつも善戦するイメージですが、だいぶズブくなってきて、あと一歩って感じですね。

2019年のジャパンカップみたいな、とことん上がりの掛かる馬場なら馬券圏内はあるかな、というところですかね。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました