【オークス 2021】ユーバーレーベンがGⅠ初制覇!ゴールドシップ産駒もGⅠ初制覇

2021オークス GⅠ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2021年5月23日、東京競馬場でオークス(芝2400m)が行われました。
JRA公式のオークスレース結果

2021年のオークスを制したのは、ユーバーレーベン

競走成績:7戦2勝(2021年5月23日現在)

ユーバーレーベンがGⅠ初勝利となりました。

阪神ジュベナイルフィリーズでは追い込んできましたが惜しくも3着。

3歳初戦はチューリップ賞を目指していましたが、疝痛で使えずフラワーカップで3着。
賞金を加算できなかったため、オークス路線に切り替えて、前走フローラステークスで3着。
フローラステークスでも権利を取れませんでしたが、無事に出走できました。

上がりも速いですし、距離が延びて良さそうだったので期待していましたが、期待通り、強い走りでした。

今年はマイネル軍団の岡田総帥が亡くなったり、2020年にはお父様も亡くしていたデムーロジョッキー。
勝利後のパフォーマンスから、この勝利は格別だろうなと思っていましたが、前週にはご友人も亡くなっていたそうですね。

勝利ジョッキーインタビューで「人生は厳しい」と語っていました。

また、同日、イタリアのダービーでは、クリスチャン・デムーロジョッキーが勝って、同日兄弟でのクラシック制覇となりました。

3歳牝馬にとって過酷な2400mをこなして、秋の秋華賞も楽しみです。
夏をゆっくり休んで、また秋に期待したいです。

ユーバーレーベンの血統

父:ゴールドシップ
母:マイネテレジア
母の父:ロージズインメイ

血統表は以下の通り。

ユーバーレーベンの血統
引用元:netkeiba.com

父はゴールドシップで、ゴールドシップ産駒はGⅠ初制覇となりました。
これまではブラックホールが重賞を勝っていました。

ゴールドシップの現役時代のように、重い馬場や距離を延ばして結果を出す産駒が多いです。
オークスの2400mは、ほとんどの馬が初めてでしたが、ユーバーレーベンは本当に合っていたと思います。

母マイネテレジアは中央で1勝。

半兄にマイネルファンロン(父ステイゴールド)がいます。

2代母マイネヌーヴェルは2003年のフラワーカップを勝っています。

レース映像

ユーバーレーベンは9番(黄色の帽子)です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:晴
馬場:良
レース時計:2:24.5
ラスト4F:47.0
ラスト3F:34.9
前後半600mのラップバランス:35.4 – 34.9
前後半800mのラップバランス:47.7 – 47.0
前後半1000mのラップバランス:59.9 – 59.4
前後半1200mのラップバランス:1.12.5 – 1.12.0(ミドルペース)

1着ユーバーレーベン 3番人気

3コーナー前に外へ出して、上手い騎乗でした。
気性的なものもあって、内で包まれると厳しく、外に出すと確実に伸びてくるという感じですね。

仕掛けはちょっと早いかなと思いましたが、早めに抜け出しても最後まで粘りました。
3〜4コーナーで早めに動いて良い位置を取れたのが良かったと思います。

秋華賞が今年は阪神なので、京都よりは阪神の方が面白いかなと思います。

2着アカイトリノムスメ 2番人気

内で進路ができると一気に伸びてきました。

1コーナーでは前目だったが、向こう正面ではじっくり溜めて、落ち着いた競馬ができた印象ですね。
他馬が上がっていっても溜めていた感じでした。

母アパパネもそうだったと思うのですが、本質はマイラーで、2000mくらいまでが合いそうです。
秋華賞も面白いと思います。

3着ハギノピリナ 16番人気

これは驚きました。

大外一気で追い込んできて、あと一歩でした。
向こう正面では、ほぼ最後方でしたが、ロングスパートで最後まで伸びているので、強い競馬ですね。

僕は前走1勝クラスなので消してしまいましたが、ハギノピリナは前走2200mだったんですね。
オークスは前走の距離が長い方が、距離延長の幅が少なくなるので有利だと思います。

さらに、デビューから5戦ずっと2000m以上で上がりも速かったですね。
今後も注目したいです。

4着タガノパッション 10番人気

上がり最速でしたが、4着まででした。

前走スイートピーステークスでも上がり最速でしたし、惜しい競馬だったと思います。

5着アールドヴィーヴル 7番人気

直線一気で追い込んできました。
良い位置取りでしたが、ちょっと切れ負けでしたかね。

まだまだ成長途上という感じなので、秋以降の方が楽しみです。

7着ククナ 8番人気

ソダシに先着したので、頑張ったと思います。
先行した馬はみんな沈んでるので、ここまで粘ったのは自力が高いですかね。

切れを活かす競馬をすると思っていたので、前にいったのは驚きでしたが、勝ちにいってこの競馬なら仕方ないと思います。

8着ソダシ 1番人気

外からステラリア、内からはククナ、後ろにはアカイトリノムスメと、マークが厳しかったですね。
2コーナーでは頭を上げる場面もあり、序盤で消耗してしまった感じですかね。

スタートが良く、レースの立ち回りも上手いので、世代限定戦なら2400mもこなせるかなと思いましたが、残念でした。
ソダシくらいの馬であれば、クロフネ産駒の成績を覆すことができるかなと期待していました。

今後はマイルから中距離に絞れば、また強いレースを見せてくれるかなと思います。

11着ファインルージュ 4番人気

脚を溜められたが伸びず、さすがに距離が長かったですかね。
マイルに戻せば、今後も楽しみだと思います。

13着ステラリア 5番人気

まさかの先行策でした。
まあ、勝ちにいって、この競馬なら仕方ないですね。

脚をためれば一番面白そうだったのは、ステラリアだったと思います。

14着クールキャット 6番人気

逃げる形になりました。
どの馬が逃げるかなと思いましたが、あんまり逃げたくはなかったですかね。

クールキャットも母系はスタミナありそうですが、距離はちょっと長く、マイルから中距離くらいが良さそうです。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました