【スプリングS 2021】ヴィクティファルスが重賞初制覇!重馬場でも大外から直線一気で差し切る

2021スプリングステークス GⅡ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2021年3月21日、中山競馬場でスプリングステークス(芝1800m)が行われました。
JRA公式のスプリングステークスレース結果

2021年のスプリングステークスを制したのは、ヴィクティファルス

競走成績:3戦2勝(2021年3月21日現在)

ヴィクティファルスは重賞初制覇となりました。

前走共同通信杯は2着で、良いレースを見せていました。

共同通信杯の時も思ったのですが、ハーツクライ×ガリレオという配合なので、3歳のこの時期にこれだけ走るのはすごいですね。

池添謙一ジョッキー(兄)と池添学調教師(弟)の池添兄弟コンビで重賞制覇となり、JRA初だったみたいです。

この写真がめっちゃ良い写真で、感動しますね。

ヴィクティファルスはこの勝ち方だと次も楽しみですね。
これだけの馬場だと反動とか気になりますが、順調なら皐月賞に向かうようです。

ヴィクティファルスの血統

父:ハーツクライ
母:ヴィルジニア
母の父:Galileo

血統表は以下の通り。

ヴィクティファルスの血統
引用元:netkeiba.com

母系がガリレオ、ロベルト、ニジンスキーという感じなので、パワーがありそうですね。
前述しましたが、3歳春でこれだけ走れるとは、驚きました。

母ヴィルジニアは中央で3勝。

伯父に幻の名馬といわれたシルバーステートがいます。

レース映像

ヴィクティファルスは14番(橙色の帽子)です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:雨
馬場:重
レース時計:1:52.0
前半1000m:62.5
ラスト4F:49.5
ラスト3F:37.0
前後半600mのラップバランス:37.2 – 37.0
前後半800mのラップバランス:50.2 – 49.5(ミドルペース)

前日の深夜から強い雨が降り続いていました。

レースのポイント

1着ヴィクティファルス

大外から直線一気で差し切りました。

外枠からで終始外を走っていて、直線入り口も外に振られたような感じでしたが、それで差し切るのは強いですね。
馬場の良いところを通れたのは、すごく良かったかなと思います。

共同通信杯はスローでしたが、今回はペースも流れていて、本番皐月賞に近い展開でしたかね。
これだけ走れれば、本番も楽しみかなと思います。

2着アサマノイタズラ

3コーナー過ぎてポジションを上げていき、めっちゃ手応えが良かったですね。
最後は差し切られてしまいましたが、良いレースでした。

ずっと中山で走っていますが、中山は合ってますね。
母父がキングヘイローなので、今回のような馬場でもパワーを発揮できたのかなと思います。

3着ボーデン

最内で溜めていましたが、最後は馬場の良いところに出したかった感じですかね。
2コーナー辺りでは、ちょっと持っていかれそうなところもありました。

決して重馬場は得意ではないと思うので、力は出し切ったかなと思います。
また良馬場で期待したいですね。

4着イルーシヴパンサー

2コーナーは持っていかれてました。
ちょっと外を回りましたが最後は伸びてきましたね。

イルーシヴパンサーもヴィクティファルスと同じくハーツクライ産駒ですが、こちらは母系がキングカメハメハ、ストームキャットなので、今回は馬場が合わなかったですかね。
また良馬場で期待したいです。

5着ヴェイルネビュラ

3コーナー過ぎからポジションを上げて、最後も詰めてきていますが、惜しかったですね。
個人的にはちょっと長いかも?と思います。
マイルの方が良さそうですね。

2番人気ランドオブリバティは7着

1〜2コーナーでだいぶ掛かっていましたね。
これだけ気難しいところが出てしまうと、ちょっと厳しいですね。
今後はどうなのか分かりませんが、東京で一度使って欲しいですね。
左回りもそうですが、広いコースとか良いんじゃないかなと思ったりもします。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました