【福島牝馬ステークス 2022】アナザーリリックが重賞初制覇!上がりが掛かる競馬は良さそう

2022福島牝馬ステークス GⅢ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年4月23日、福島競馬場で福島牝馬ステークス(芝1800m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年の福島牝馬ステークスを制したのは、アナザーリリック

競走成績:8戦4勝(2022年4月23日現在)

アナザーリリックが重賞初制覇となりました。

2歳は8月の新潟でデビューして1着。
その後2歳は休養して、3歳初戦は菜の花賞2着。
アネモネステークスに勝利して桜花賞の権利を取るも、桜花賞には出走せず、NHKマイルカップ7着。
NHKマイルカップ7着はメンバーや馬場の通ったところを考えると、かなり健闘したなという感じでした。

夏に佐渡ステークスを勝つと、秋華賞へ出走も7着。

4歳になり、初戦は愛知杯8着。

今回は愛知杯以来のレースとなり、見事に重賞初制覇となりました。

アネモネステークスを勝ったくらいから、強いなと思って注目していたので、重賞を勝てて良かったです。
鞍上の津村明秀ジョッキーとは、新馬戦からずっとコンビを組んでいて、良いコンビだと思います。

次走は未定ということですが、ヴィクトリアマイルも視野に入ってくるようですね。
NHKマイルカップでも良いレースを見せていましたし、再度GⅠの舞台でも期待したいです。

アナザーリリックの血統

父:リオンディーズ
母:アンソロジー
母の父:サクラバクシンオー

血統表は以下の通り。

アナザーリリックの血統
引用元:netkeiba.com

父はリオンディーズ。
キングマンボ系はこういう内回りのレースが向いてますね。

母アンソロジーは中央で2勝。

母の父はサクラバクシンオー。
母の父としてもスプリンターが多いですが、キタサンブラックとかも出していて、スピードを伝える能力が高そうですね。

叔父にポップロックがいます。

レース映像

アナザーリリックは4番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:晴
馬場:良
レース時計:1:47.0
前半1000m:58.6
ラスト4F:48.4
ラスト3F:36.4
前後半600mのラップバランス:35.0 – 36.4
前後半800mのラップバランス:46.8 – 48.4(ハイペース)
12.2 – 10.7 – 12.1 – 11.8 – 11.8 – 12.0 – 12.4 – 11.8 – 12.2

1着アナザーリリック 3番人気

スタートで躓いて後ろからになってしまいました。
残り600mくらいから、まくっていき、直線は外から差してきました。

愛知杯はスローペースで切れ負けという感じでしたし、今回のように上がりが掛かる方が良さそうですね。
ヴィクトリアマイルだと高速馬場で厳しくなるかもしれませんが、リオンディーズ産駒で高速馬場にも対応できると思うので、頑張って欲しいです。

2着クリノプレミアム 6番人気

ペースが速く、馬群がばらけたので内枠からでも上手く外に出せました。
4角先頭で、結果的に抜け出すのが早くなってしまいましたね。

中山牝馬ステークスとはコースも似ていますし、やはり前走で見せた力は本物でした。

3着サトノダムゼル 5番人気

中ほどを差してきました。

今回は休み明けが良かったですかね。

4着シンハリング 13番人気

外の好位から最後までよく粘っていたと思います。

シンハリーズの牝系で活躍馬もたくさん出ていますし、母母父サドラーズウェルズ系で、こういうコースは向きそうですね。

5着ルビーカサブランカ 2番人気

出遅れてしまいました。
直線は外から追い込んできましたが、掲示板まででした。

前走は内枠を上手く活かしましたが、外枠だとちょっと乗りづらく、距離がちょっと短い感じですね。

9着アブレイズ 1番人気

4コーナーで内に入れましたが、外に出すスペースがあれば、もうちょい伸びたかもしれないですね。
前走と同じように外好位で走れば、と思いましたが、気性的にも包まれてしまうと厳しそうです。

10着シャーレイポピー 4番人気

スタートはまずまず良かったですが、位置取りが下がってしまいました。
最初に出していければ良かったかもしれません。

紫苑ステークスは良い競馬をしていましたし、再度重賞でも期待したいです。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました