【平安ステークス 2022】テーオーケインズが重賞4勝目!海外帰り初戦でも圧巻の強さ

2022平安ステークス GⅢ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年5月21日、中京競馬場で平安ステークス(ダート1900m)が行われました。
JRA公式のレース結果

※2022年の平安ステークスは京都競馬場の改修工事の影響で、中京競馬場で行われました。

2022年の平安ステークスを制したのは、テーオーケインズ

競走成績:17戦9勝(2022年5月21日現在)

テーオーケインズが重賞4勝目となりました。

2021年はチャンピオンズカップを勝利。

2022年はサウジカップに挑戦も8着。
今回は帰国初戦となりましたが、全く問題なかったですね。

やはりGⅠ2勝の力は抜けてますね。
次は帝王賞かなと思いますが、一度使ってさらに良くなりそうなので、次も楽しみです。

テーオーケインズの血統

父:シニスターミニスター
母:マキシムカフェ
母の父:マンハッタンカフェ

血統表は以下の通り。

テーオーケインズの血統
引用元:netkeiba.com

テーオーケインズの血統についてはアンタレスステークスの記事をご覧ください。

レース映像

テーオーケインズは4番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:曇
馬場:良
レース時計:1:57.0
前半900m:55.7
ラスト4F:48.7
ラスト3F:36.2
ミドルペース
7.2 – 10.9 – 11.3 – 13.4 – 12.9 – 12.6 – 12.5 – 12.3 – 11.6 – 12.3

1着テーオーケインズ 1番人気

外の好位から差し切りました。
まだまだ余裕の走りですね。

帝王賞、チャンピオンズカップで見せたパフォーマンスを考えると、1、2年はダート界のトップを張りそうなので、次も楽しみですね。

2着ケイアイパープル 7番人気

内枠からでも上手く揉まれない位置を取れました。

渋ったほうが良かったと思いますが、良馬場でも、とにかくスムーズに運べればという感じですかね。
前走は展開が厳しくなった面もあり、このメンバーで7番人気になるとは驚きました。

クリンチャーにも迫っていますし、この先GⅠでも、とにかく揉まれなければ、良いところまでいけると思います。

3着メイショウハリオ 3番人気

外から差してきました。
チャンピオンズカップも外を回ってロスがあり、左回りは微妙かもしれませんね。

4着スマッシングハーツ 11番人気

大外から追い込んできました。
広いコースで距離も良かったですね。
この条件なら今後も侮れないと思います。

5着スワーヴアラミス 6番人気

決め手比べだと少々劣りますが、この距離なら走りますね。
前走は距離が短かったですね。

東海ステークスは展開が向いた面もあったと思いますが、ハーツクライ産駒でかなり成長もありそうですし、今後も重賞を勝つ場面がありそうです。

6着オーヴェルニュ 2番人気

良馬場と内枠は厳しかったですね。

7着サンライズホープ 4番人気

休み明けで数字以上に動きが重い感がありました。
条件はかなり良かったと思いますが、一度使ってからですね。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました