【共同通信杯 2022】ダノンベルーガが重賞初制覇!素質の高さでダービーも狙えるか

2022共同通信杯 GⅢ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年2月13日、東京競馬場で共同通信杯(芝1800m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年の共同通信杯を制したのは、ダノンベルーガ

競走成績:2戦2勝(2022年2月13日現在)

ダノンベルーガがデビューから2連勝で重賞初制覇となりました。

2021年11月の東京でデビュー。
芝2000mで、上がり3F33秒1の末脚で差し切っていました。
新馬戦のレースぶりは、なかなかのものがありました。

今回も新馬戦同様に、鋭い末脚を発揮して見事に差し切りました。

3歳クラシック路線は、イクイノックスが強いかなというところですが、ダノンベルーガも相当な強さを見せました。

中山というよりは東京向きな感じなので、ダービーが楽しみですね。

ダノンベルーガの血統

父:ハーツクライ
母:コーステッド
母の父:Tizway

血統表は以下の通り。

ダノンベルーガの血統
引用元:netkeiba.com

父はハーツクライ。
ハーツクライ産駒とは思えないような瞬発力ですね。
タイプとしてはスワーヴリチャードっぽい感じですかね。
3歳クラシック路線ではドウデュースもいて、今年の3歳世代は活躍馬が多いですね。

母コーステッドは2016年のBCジュヴェナイルフィリーズターフで2着。

母の父Tizwayは2011年のメトロポリタンハンデ、ホイットニーハンデを勝っています。

レース映像

ダノンベルーガは10番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:雨
馬場:稍重
レース時計:1:47.9
前半1000m:61.1
ラスト4F:46.8
ラスト3F:34.3
前後半600mのラップバランス:36.1 – 34.3
前後半800mのラップバランス:48.6 – 46.8(スローペース)

1着ダノンベルーガ 3番人気

外から差してきました。
ダービーも好勝負できそうな感じですね。

まさに長い直線向きという感じです。

調教本数が少なく、まだまだ仕上がってくるのは先かなと思っていたところ、素質がちょっと違う感じですかね。

2着ジオグリフ 1番人気

前走から距離が延びて前目に付けられたのは良かったと思います。
パドックからチャカチャカしていて、状態がそこまで良くなかった感じですかね。
まさに、先を見据えた仕上げという感じに思いました。

喉が悪いので、恵みの雨だったように思います。
馬場も悪くなって、それも良かった感じです。

長い直線では切れ負けしてしまうので、皐月賞とかの方が良さそうですね。
ただ、さらに200m延びるのは微妙かなと思います。

3着ビーアストニッシド 8番人気

発走後は斜行して戒告を受けてしまいました。
前走は逃げれずでしたが、逃げればしぶといですね。

4着ジュンブロッサム 6番人気

直線は手前がなかなか変わらずでした。
ジオグリフが来て、ちょっとよれて、ラスト200mでようやくちゃんと走れた感じですかね。
+18kgで成長はしていたようですが、2000mの方が良さそうかなと思います。

5着アサヒ 2番人気

出遅れてしまいました。
最内から上がり最速でしたが、掲示板まででした。
ずっと東京1800mを使われていますが、内回り向きって気がしますね。

あとは軽い馬場の方が良かったのかなというところです。

7着ダノンスコーピオン 4番人気

状態が良くなかったですかね。
調教でも併せて遅れていたり、内にささったりしていました。
それでも能力でカバーできるのかなと思いましたが、残念でした。

あと、前走からの延長も向かなかったですかね。

9着アケルナルスター 5番人気

後ろからいくことしかできない感じです。
直線はフラフラで、まだまだこれからという感じですね。
雨で脚も使えなかったと思います。
良馬場の方が良さそうです。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました