【天皇賞春 2022】タイトルホルダーがGⅠ2勝目!横山和生ジョッキーはGⅠ初制覇

2022天皇賞春 GⅠ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年5月1日、阪神競馬場で天皇賞春(芝3200m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年の天皇賞春を制したのは、タイトルホルダー

競走成績:11戦5勝(2022年5月1日現在)

タイトルホルダーがGⅠ2勝目となりました。

2021年菊花賞でGⅠ初制覇。

その後、有馬記念は強力なメンバーの中、5着。

4歳初戦は前走日経賞1着。

そして天皇賞春でGⅠ2勝目です。

菊花賞馬らしく、天皇賞春でも強い走りっぷりでした。
菊花賞も阪神で行われて、京都よりもスタミナ、パワーが問われるレースというのは、本当に合っているんだと思います。

鞍上の横山和生ジョッキーはGⅠ初制覇。
今後もこのコンビで、どういう活躍を見せてくれるか楽しみです。

タイトルホルダーの血統

父:ドゥラメンテ
母:メーヴェ
母の父:Motivator(サドラーズウェルズ系)

血統表は以下の通り。

タイトルホルダーの血統
引用元:netkeiba.com

タイトルホルダーの血統については弥生賞ディープインパクト記念の記事をご覧ください。

父がキングカメハメハ系のドゥラメンテで、母系はMotivator、Shirley Heightsといった欧州の重厚な血統で、阪神内回りは本当によく合いそうです。

レース映像

タイトルホルダーは16番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:晴
馬場:稍重
レース時計:3:16.2
ラスト4F:48.3
ラスト3F:36.4
前後半600mのラップバランス:36.5 – 36.4
前後半800mのラップバランス:48.5 – 48.3
前後半1000mのラップバランス:60.5 – 60.3
前後半1600mのラップバランス:1.37.4 – 1.38.8(ミドルペース)
12.7 – 11.9 – 11.9 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.2 – 12.8 – 13.3 – 12.9 – 12.3 – 12.0 – 11.9 – 11.5 – 11.7 – 13.2

1着タイトルホルダー 2番人気

スタート後、すんなりハナへ立ちました。
逃げると強いですね。
7馬身差は圧勝で、ここまで差が付くとは思いませんでした。

逃げて上がりも最速ですから、ちょっと強すぎました。

有馬記念は厳しいペースだったので、負けて強しでした。

内回りは良さそうなので、宝塚記念も楽しみです。
日経賞がスローで辛勝だったので、中距離でもある程度引っ張って、後ろに脚を使われるレースを期待したいですね。

2着ディープボンド 1番人気

好スタートで前目に付けられました。

空馬シルヴァーソニックの動きにかなり影響されてしまいました。
シルヴァーソニックがいた位置が取れればベストでしたね。
ただ差がちょっとありすぎたので、 アクシデントがなくても、という感じですかね。

2周目3〜4コーナーでは、かなり追っていて手応え怪しかったですが自力で2着まで、という感じです。
もうちょっと自分で捕まえにいけるような展開なら良かったです。

3着テーオーロイヤル 4番人気

テーオーロイヤルもシルヴァーソニックの動きにかなり影響されてしまいました。

直線は、よれていて、阪神3200mはかなり一杯一杯だったと思います。
ステイヤーでも切れるタイプなので、京都ならもっとチャンスあったかもしれません。

4着ヒートオンビート 5番人気

最後は脚を延ばしていて、阪神のタフさは合っていた感じでした。

ただ、道中で動けないと厳しいですね。

1週前調教が併せで遅れていたので、ちょっと気になりました。
再度2400m〜2500m辺りで期待したいです。

5着アイアンバローズ 3番人気

前目から良い感じで運べましたが、さすがに力差がありすぎましたね。
内枠で包まれると厳しいと思いましたが、上手く外に出せていました。

長距離ではある程度走りますが、距離を縮めると、条件が合わないと厳しそうです。

11着マカオンドール 6番人気

阪神はタフすぎましたね。
京都の方が良かったかもしれません。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました