【ウイニングポスト9 2021】ドクタースパートで3冠を達成し、GⅠを6勝

ドクタースパートが殿堂入り Winning Post 9 2021

ウイニングポスト9 2021のプレイ日記です。
1984年スタート、難易度はHARDです。
※エディットは時間が掛かるため、未実施です。

プレイ6年目の続きで、ドクタースパートについてです。
プレイ6年目については以下の記事をご覧ください。

ドクタースパートは、現実の主な勝鞍は皐月賞、ステイヤーズステークス、京成杯3歳ステークス、北海道3歳優駿。
ダート1200メートルと芝3600メートルでレコードタイムで勝った馬で、すごい戦歴の持ち主です。

2歳(1988年)

新馬、百日草特別と連勝して、ホープフルステークスで1着でした。
詳細は以下の記事をご覧ください。

3歳(1989年)

3冠プラス、セントレジャーも勝てました。
詳細は以下の記事をご覧ください。

現実ではダービー14着の後は勝てなくなりましたが、ちゃんと育てれば負けないような感じでした。

この年、現実でダービーを勝ったのはウィナーズサークル、菊花賞を勝ったのはバンブービギン。
ホスピタリティ産駒でこれだけ距離をこなせるのがすごいですが、これは母父タケシバオーによるものなんですかね。

この辺りの血統も面白いものです。

4歳(1990年)

4歳の戦歴は以下の通りです。

阪神大賞典1着→天皇賞春1着→宝塚記念5着→キングジョージ11着→天皇賞秋5着→ジャパンカップ7着→有馬記念5着。

天皇賞春は持ち馬のスーパークリークを負かして1着。
やはり本質は超長距離ですかね。

秋以降はやはり衰えてしまった感じでした。
宝塚記念以降は、超長距離路線を走らせても良かったかもしれません。
(所有馬にスルーオダイナがいるので、レース選びが難しいですが)

4歳で引退です。
GⅠ6勝で殿堂入りです。

ドクタースパートが殿堂入り

コメント

タイトルとURLをコピーしました