【ウイニングポスト9 2021】ノースフライトは男勝りな走りで活躍、GⅠを8勝

ノースフライト Winning Post 9 2021

ウイニングポスト9 2021のプレイ日記です。
1991年スタート、難易度はHARDです。

今回はノースフライトについてです。

現実の主な勝鞍は安田記念、マイルチャンピオンシップなど。
マイルでは5戦全勝でした。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル
引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

2歳(1992年)

2歳の12月デビューで快勝でした。

3歳(1993年)

3歳の戦歴は以下の通りです。

  • 若竹賞 1着
  • ニュージーランドトロフィー 1着
  • NHKマイルカップ 1着
  • 安田記念 8着
  • セントウルステークス 6着
  • 富士ステークス 1着
  • マイルチャンピオンシップ 2着

マイルチャンピオンシップはニシノフラワーが1着。

4歳(1994年)

4歳の戦歴は以下の通りです。

  • 阪急杯 1着
  • 高松宮記念 2着
  • ヴィクトリアマイル 1着
  • 安田記念 1着
  • ファルマスステークス 2着
  • メイトロンステークス 1着
  • マイルチャンピオンシップ 1着

高松宮記念はサクラバクシンオーが1着。
ファルマスステークスはサイエダティが1着。

最優秀4歳以上牝馬、最優秀短距離馬に選ばれました。

5歳(1995年)

5歳の戦歴は以下の通りです。

  • ジェベルハッタ 2着
  • ドバイターフ 2着
  • ヴィクトリアマイル 1着
  • 安田記念 1着
  • サセックスステークス 2着
  • ムーランドロンシャン賞 1着
  • 香港マイル 3着

ジェベルハッタはウインドシャープが1着。
ドバイターフは架空の穴馬にやられました。

サセックスステークスはグリーンチューンが1着。
現実では1994年のフランス2000ギニー、1995年のイスパーン賞などを勝っていて、日本ではフィエールマンの母の父として知られています。

ムーランドロンシャン賞ではグリーンチューンが2着と雪辱しました。
他にはリッジウッドパール3着、サイエダティ5着など、強敵なメンバーでした。

最優秀短距離馬に選ばれました。

最終的にはGⅠを8勝でした。
成長してくると男勝りな感じで、混合戦でも活躍できますね。
ただ、GⅠは2着も6回と、勝ちきれないレースもありました。

繁殖入り後

繁殖牝馬としての成績は、以下の通りでした。

ノースフライト

サクラバクシンオー×ノースフライトの牡馬

サクラバクシンオー×ノースフライトの牡馬は、古馬短距離GⅠ完全制覇など、GⅠを9勝しました。
以下の記事にまとめました。

フジキセキ×ノースフライトの牡馬

フジキセキ×ノースフライトの牡馬で、「フライトアウル」という名前です。
GⅠを2勝で、勝ち鞍は以下の通りです。

  • 2001年 朝日杯フューチュリティステークス
  • 2001年 NHKマイルカップ

自家生産種牡馬(ビワハヤヒデ×ワキア)×ノースフライトの牝馬

自家生産種牡馬(ビワハヤヒデ×ワキア)×ノースフライトの牝馬で、「フライトアンタレス」という名前です。
GⅠを2勝で、勝ち鞍は以下の通りです。

  • 2011年 桜花賞
  • 2011年 オークス

コメント

タイトルとURLをコピーしました