【ウイニングポスト9 2021】ライスシャワーは天皇賞春を3連覇などでGⅠを8勝

ライスシャワー Winning Post 9 2021

ウイニングポスト9 2021のプレイ日記です。
1984年スタート、難易度はHARDです。
※エディットは時間が掛かるため、未実施です。

今回はライスシャワーについてです。

現実の主な勝鞍は菊花賞、天皇賞春(1993年、1995年)。
「関東の刺客」「黒い刺客」と呼ばれ、めちゃくちゃ強いステイヤーでした。

ゲーム内では、ぜひとも血を残したい1頭です。

3歳(1992年)

3歳の1月デビューとなりました。
新馬、水仙賞と連勝して、京都新聞杯で3着。

夏に2勝クラス、3勝クラスと連勝して、神戸新聞杯2着。

その後、現実通り、菊花賞1着となりました。

菊花賞の後は有馬記念2着。
トウカイテイオーと6馬身差で、相手が強すぎました。

4歳(1993年)

4歳の戦歴は以下の通りです。

阪神大賞典1着→天皇賞春1着→宝塚記念2着→バーデン大賞6着→天皇賞秋1着→ジャパンカップ1着→有馬記念2着。

宝塚記念はメジロマックイーンが1着。
有馬記念はトウカイテイオーが1着。

秋古馬3冠は惜しかったですが、トウカイテイオーは強すぎました。

年末表彰は最優秀4歳以上牡馬、年度代表馬に選ばれました。

5歳(1994年)

5歳の戦歴は以下の通りです。

大阪杯1着→天皇賞春1着→宝塚記念6着→バーデン大賞12着→天皇賞秋3着→ジャパンカップ5着→有馬記念5着。

秋はちょっと落ち込んでしまいましたが、天皇賞春は連覇、大阪杯も勝つことができました。

6歳(1995年)

6歳の戦歴は以下の通りです。

大阪杯2着→天皇賞春1着→宝塚記念2着→ソードダンサーステークス3着→天皇賞秋2着→ジャパンカップ3着→有馬記念1着。

天皇賞春は3連覇できました。

所有馬ムッシュシェクルが結構強敵で、大阪杯、宝塚記念、ソードダンサーステークスはムッシュシェクルが1着でした。

秋古馬3冠は天皇賞秋、ジャパンカップとナリタブライアンにやられましたが、有馬記念で勝てたので良かったです。

年末表彰では最優秀4歳以上牡馬、年度代表馬に選ばれました。

有馬記念の勝利で、GⅠ8勝に届き、金の殿堂入りでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました