【ウイニングポスト9 2022】おすすめ忠実馬(日本・米国・欧州)1985年〜1989年生まれ

【ウイニングポスト9 2022】おすすめ忠実馬(日本・米国・欧州)1985年〜1989年生まれ Winning Post 9 2022

ウイニングポスト9 2022のおすすめ忠実馬についてです。
日本・米国・欧州をそれぞれ記載しています。
今回は1985年〜1989年生まれの忠実馬です。

筆者のプレイ成績は1976年スタート、難易度はHARDでの結果を記載しています。

1985年生まれ

オグリキャップ

オグリキャップ

父:ダンシングキャップ
母:ホワイトナルビー

現実の主な勝鞍は1988年有馬記念、1989年マイルチャンピオンシップ、1990年安田記念、有馬記念など。
https://db.netkeiba.com/horse/1985102167/

前作までは米国3冠を狙えたものの、今作ではダート○で厳しくなりました。
筆者は欧州3冠を狙うも、キングジョージと凱旋門賞は惜敗。
5歳時はオールドヴィックが強敵です。

■筆者プレイの主な勝鞍
キングジョージ、イギリスダービー、BCターフ、イギリス2000ギニーなど

1986年生まれ

ロジータ

ロジータ

父:ミルジョージ
母:メロウマダング

現実の主な勝鞍は1989年南関東3冠、東京大賞典、1990年川崎記念など。
https://db.netkeiba.com/horse/1986101244/

今作から、忠実期間でも海外牧場が設立できるようになったので、トリプルティアラ(ニューヨーク牝馬3冠)が狙いやすくなりました。
筆者はアラバマステークスで忠実の3冠馬Open Mindに敗れました。

筆者は忘れていて3歳で引退させてしまいましたが、3歳末に引退示唆が出ても、4歳末に引退させれば受胎した状態で繁殖入りするので、孫レギュラーメンバーも生まれます。

■筆者プレイの主な勝鞍
BCディスタフ、BCジュヴェナイルフィリーズ、ケンタッキーオークス、CCAオークスなど

Sunday Silence(サンデーサイレンス)

Sunday Silence

父:Halo
母:Wishing Well

現実の主な勝鞍は1989年ケンタッキーダービー、プリークネスステークス、BCクラシックなど。
https://world.jra-van.jp/db/horse/H0015/

3冠配合のために、欧州牡馬マイル3冠に進みました。
その後も欧州のマイル〜中距離路線でイージーゴアとの使い分けをしました。

■筆者プレイの主な勝鞍
欧州牡馬マイル3冠、チャンピオンステークス、アイリッシュチャンピオンステークス、サセックスステークスなど

Easy Goer(イージーゴア)

Easy Goer

父:Alydar
母:Relaxing

現実の主な勝鞍は1989年ベルモントステークス、トラヴァーズステークスなど。
https://world.jra-van.jp/db/horse/H1377/

サンデーサイレンスを所有して別路線にしました。
サンデーサイレンスさえいなければ無敵ですね。

■筆者プレイの主な勝鞍
米国3冠、ドバイワールドカップ、BCクラシック、ペガサスワールドカップなど

1987年生まれ

ダイタクヘリオス

ダイタクヘリオス

父:ビゼンニシキ
母:ネヴァーイチバン

現実の主な勝鞍は1991年、1992年マイルチャンピオンシップなど。
https://db.netkeiba.com/horse/1987102798/

芝質が重めなので、欧州で活躍でき、マイル3冠も取れると思います。
想像以上に強く、マイルではかなり勝てると思います。

■筆者プレイの主な勝鞍
欧州牡馬マイル3冠、BCマイル、クイーンエリザベスⅡ世ステークス、サセックスステークスなど

ダイイチルビー

ダイイチルビー

父:トウショウボーイ
母:ハギノトップレディ

現実の主な勝鞍は1991年安田記念、スプリンターズステークスなど。
https://db.netkeiba.com/horse/1987100260/

欧州牝馬マイル3冠は成長が間に合えば、という感じですが、少し厳しいかもしれません。
使い分けのため、4歳時は牝馬マイル路線、5歳時はスプリント路線を歩みました。
スプリントからマイルまで幅広く活躍できます。

■筆者プレイの主な勝鞍
ジ・エベレスト、BCターフスプリント、香港スプリント、ロッキンジステークスなど

トウケイニセイ

トウケイニセイ

父:トウケイホープ
母:エースツバキ

現実の主な勝鞍は1993年、1994年南部杯など。
https://db.netkeiba.com/horse/1987104814/

息の長い活躍ができます。
序盤は有力馬を避けながらレースを選択して、勝っていくことで成長を促すと、5歳以降くらいは、大舞台で勝負になります。

■筆者プレイの主な勝鞍
ドバイワールドカップ、BCクラシック、ベルモントステークス、ペガサスワールドカップなど

イクノディクタス

イクノディクタス

父:ディクタス
母:ダイナランディング

現実の主な勝鞍は1991年京阪杯、1992年金鯱賞など。
https://db.netkeiba.com/horse/1987104784/

3歳はオークスは上手くいけば、秋華賞は順当に勝てると思います。
4歳以降は海外でも好勝負できますし、国内で牡馬相手でも良いと思います。
息の長い活躍ができ、7歳まで現役を続けられます。

■筆者プレイの主な勝鞍
有馬記念、エリザベス女王杯、秋華賞、ナッソーステークスなど

1988年生まれ

ヤマニンゼファー

ヤマニンゼファー

父:ニホンピロウイナー
母:ヤマニンポリシー

現実の主な勝鞍は1992年、1993年安田記念、1993年天皇賞秋など。
https://db.netkeiba.com/horse/1988101069/

スプリント〜マイルはもちろん、最終的には2000mでも海外で勝負になります。
特にマイルでは負ける気がしないほどの強さでした。

■筆者プレイの主な勝鞍
欧州牡馬マイル3冠、香港短距離3冠、BCマイル、チャンピオンステークスなど

Lochsong(ロックソング)

Lochsong

父:Song
母:Peckitts Well

現実の主な勝鞍は1993年、1994年アベイユドロンシャン賞など。
https://www.jbis.or.jp/horse/0000419937/

スプリント路線では、かなり強いです。
序盤は安定しませんが、5歳くらいからは、かなり勝てるようになります。

■筆者プレイの主な勝鞍
BCターフスプリント、ジュライカップ、香港スプリント、ダイヤモンドジュビリーステークスなど

1989年生まれ

ライスシャワー

ライスシャワー

父:リアルシャダイ
母:ライラックポイント

現実の主な勝鞍は1992年菊花賞、1993年、1995年天皇賞春など。
https://db.netkeiba.com/horse/1989107699/

うまくいけばダービーを。古馬になってからは成長力もあり、かなりGⅠも勝てるようになります。
海外はアメリカ、香港あたりは勝てるでしょう。

■筆者プレイの主な勝鞍
BCターフ、ジャパンカップ、有馬記念、ダービーなど

サクラバクシンオー

サクラバクシンオー

父:サクラユタカオー
母:サクラハゴロモ

現実の主な勝鞍は1993年、1994年スプリンターズステークスなど。
https://db.netkeiba.com/horse/1989108341/

スプリントでは、ほぼ負けなしです。
スプリント路線が充実している欧州で走らせても、スプリントなら、かなり走ります。

■筆者プレイの主な勝鞍
ジ・エレベスト、BCターフスプリント、ジュライカップ、香港スプリントなど

ニシノフラワー

ニシノフラワー

父:Majestic Light
母:デュプリシト

現実の主な勝鞍は1992年桜花賞、スプリンターズステークスなど。
https://db.netkeiba.com/horse/1989107262/

筆者は欧州牝馬マイル3冠を狙いましたが、フランス1000ギニーが2着でした。
その後は牝馬マイル路線や、スプリント路線でも活躍できます。
芝質は軽めのため、アメリカやUAE、オーストラリア辺りが走りやすいですが、欧州でも好勝負できると思います。

■筆者プレイの主な勝鞍
アイルランド1000ギニー、BCターフスプリント、コロネーションステークス、クイーンエリザベスⅡ世ステークスなど

Lure(ルアー)

Lure

父:Danzig
母:Endear

現実の主な勝鞍は1992年、1993年BCマイルなど。
https://www.jbis.or.jp/horse/0000339821/

芝適性が軽いので、欧州牡馬マイル3冠は苦戦しました。
アメリカを中心に、オーストラリア、UAE、フランスを中心に走らせると、かなり強いです。

■筆者プレイの主な勝鞍
BCマイル、アイルランド2000ギニー、ジャックルマロワ賞、トゥーラックハンデキャップなど

Hatoof(ハトゥーフ)

Hatoof

父:Irish River
母:Cadeaux d’Amie

現実の主な勝鞍は1992年イギリス1000ギニー、1993年チャンピオンステークスなど。
https://www.jbis.or.jp/horse/0000405793/

芝質が軽めのため、アメリカの方が活躍できます。
アメリカの芝牝馬路線は敵無しで勝てるでしょう。
成長してくると、牡馬相手でも好勝負できると思います。

■筆者プレイの主な勝鞍
BCフィリー&メアターフ、イギリス1000ギニー、アーリントンミリオン、香港カップなど

User Friendly(ユーザーフレンドリー)

User Friendly

父:Slip Anchor
母:Rostova

現実の主な勝鞍は1992年イギリスオークス、アイリッシュオークス、ヨークシャーオークス、イギリスセントレジャーなど。
https://www.jbis.or.jp/horse/0000404664/

欧州オークス3冠が狙えます。
男勝りで、忠実通り、牡馬相手でもかなり強いです。

■筆者プレイの主な勝鞍
凱旋門賞、アイルランドオークス、フランスオークス、サンクルー大賞典など

Devil His Due(デヴィルヒズデュー)

Devil His Due

父:Devil’s Bag
母:Plenty O’Toole

現実の主な勝鞍は1993年、1994年サバーバンハンデなど。
https://www.jbis.or.jp/horse/0000339820/

ライバルも強敵ですが、成長力があり、息の長い活躍ができます。
ライバルを避けたり、他所有馬との使い分けをしても、かなりGⅠを勝てると思います。
種牡馬としても優秀です。

■筆者プレイの主な勝鞍
BCダートマイル、マクトゥームチャレンジラウンド3、メトロポリタンハンデ、クラークステークスなど

タイトルとURLをコピーしました