【ウイニングポスト9 2022】1976年スタート

1976年スタート Winning Post 9 2022

2022年4月14日、ウイニングポスト9 2022が発売されました。

馬同士の絆に注目した「優駿の絆」や待望の1970年代シナリオなど新要素が登場し、2022年の最新競馬データが搭載されています。

詳しくは公式サイトをご覧ください。
https://www.gamecity.ne.jp/winningpost9/2022/

Winning Post 9 2022

ゲーム開始設定

今作では1976年と2012年スタートが選べるようになりました。

僕は1976年スタートにしました。
ウイニングポストは昔の競馬を覚えるのにはうってつけで、僕も1980年代の競馬はウイニングポストで覚えた感じです。

1976年スタート

難易度はHARD、前作ウイニングポスト9 2021の引き継ぎをしています。

3歳馬を譲ってもらう

3歳馬を1頭、譲ってもらえます。
ディアマンテを選びました。
1976年の第1回エリザベス女王杯の勝ち馬ですね。

ディアマンテ

繁殖牝馬を譲ってもらう

続いて、繁殖牝馬を譲ってもらえるイベントです。
シェリルを選びました。

シェリル

今作から「子孫馬一覧」というコマンドが追加され、その馬から将来生まれてくる馬たちを一覧で見ることができるようになりました。
これは便利すぎます。

シェリルはメジロティターンの母、メジロティターンからメジロマックイーンが出たり、直仔のメジロチェイサーからメジロライアンが出たり、ということが分かります。
※下記の画像はすべての子孫馬が表示されていますが、その後アップデートで、牝馬の場合は牝系で絞り込みができたり、さらに便利になりました。

シェリルの子孫馬一覧

ディアマンテの成績

3歳(1976年)

3歳の戦歴は以下の通りです。

  • クイーンカップ 4着
  • チューリップ賞 1着
  • 桜花賞 2着
  • オークス 1着
  • 紫苑ステークス 3着
  • 秋華賞 8着
  • エリザベス女王杯 9着

桜花賞はテイタニヤの2着。
オークスは新戦法のまくりを見事に決めて、テイタニヤに競り勝ち1着。

4歳(1977年)

4歳の戦歴は以下の通りです。

  • 愛知杯 2着
  • 阪神牝馬ステークス 2着
  • ヴィクトリアマイル 2着
  • 安田記念 2着
  • 宝塚記念 5着
  • 府中牝馬ステークス 1着
  • エリザベス女王杯 3着
  • 有馬記念 7着

阪神牝馬ステークス、ヴィクトリアマイル、安田記念は全てメイジガルボの2着。
エリザベス女王杯はインターグロリアが1着。

宝塚記念はテンポイント1着、トウショウボーイ2着、グリーングラス6着。
有馬記念はテンポイント1着、トウショウボーイ2着、グリーングラス3着。
かの有名な1977年の有馬記念、TTGの一戦ですね。

1976年スタートは、TTGを味わえるのが良いですね。
※将来的には、所有できる年代のスタートもできたら嬉しいです。

4歳で引退で、GⅠ勝ちはオークスの1勝でした。

まとめ

TTGの時代を味わえる1976年スタートは良いですね。

前作を引き継いでお守りをたくさん持っているので、1970年代後半〜1980年代前半の名馬を所有してプレイしていきたいと思います。

Winning Post 9 2022

コメント

タイトルとURLをコピーしました