【ウイニングポスト9 2022】ハギノトップレディは牝馬3冠やBCフィリー&メアターフなど、GⅠを11勝

ハギノトップレディ Winning Post 9 2022

ウイニングポスト9 2022のプレイ日記です。
1976年スタート、難易度はHARDです。

今回はハギノトップレディについてです。

現実の主な勝鞍は1980年桜花賞、エリザベス女王杯など。
桜花賞はキャリア3戦目での優勝で1948年のハマカゼ以来32年ぶりの2頭目。
キャリア3戦目での優勝は、その後も2020年のデアリングタクトまで40年間現れなかった記録です。

ハギノトップレディの4代母マイリーから始まる牝系は、華麗なる一族と呼ばれ、多くの活躍馬が出ています。

2歳(1979年)

戦歴は以下の通りです。

  • 12月中山 新馬 1着

3歳(1980年)

戦歴は以下の通りです。

  • 菜の花賞 1着
  • クイーンカップ 1着
  • 桜花賞 1着
  • オークス 1着
  • 紫苑ステークス 1着
  • 秋華賞 1着
  • エリザベス女王杯 1着

4歳(1981年)

戦歴は以下の通りです。

  • 大阪杯 1着
  • ブリガディアジェラードステークス 2着
  • プリティポリーステークス 1着
  • ジャンロマネ賞 2着
  • ロデオドライヴステークス 4着
  • BCフィリー&メアターフ 1着
  • 香港カップ 1着

5歳(1982年)

戦歴は以下の通りです。

  • ドバイターフ 3着
  • ジャストアゲームステークス 1着
  • ジャンロマネ賞 1着
  • BCフィリー&メアターフ 5着
  • 香港マイル 1着

コメント

タイトルとURLをコピーしました