【京成杯 2022】オニャンコポンが重賞初制覇!エイシンフラッシュ産駒も重賞初制覇

2022京成杯 GⅢ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年1月16日、中山競馬場で京成杯(芝2000m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年の京成杯を制したのは、オニャンコポン

競走成績:4戦3勝(2022年1月16日現在)

オニャンコポンが重賞初制覇となりました。

2021年9月の新馬戦で1着。
2戦目、百日草特別も勝利すると、前走ホープフルステークスは11着でした。

今回はこれまでと違う競馬で中団で溜める競馬でした。

個人的には進撃の巨人を読んでいたので、嬉しいですね。
今はちょうどアニメを放送していることもあり、公式アカウントでも取り上げられていました。

今後は皐月賞直行など検討されているようですが、同じような競馬ができれば面白いかもですね。
ホープフルステークス上位とはちょっと差があると思いますが、どれだけ差を詰めてくるか期待したいと思います。

オニャンコポンの血統

父:エイシンフラッシュ
母:シャリオドール
母の父:ヴィクトワールピサ

血統表は以下の通り。

オニャンコポンの血統
引用元:netkeiba.com

父はエイシンフラッシュ。
エイシンフラッシュ産駒は重賞初制覇となりました。
京成杯はエイシンフラッシュも勝っていて、親子制覇となりました。

母シャリオドールは中央で未勝利。

母の父はヴィクトワールピサ。
ヴィクトワールピサも皐月賞、有馬記念勝ちなど、中山を得意としていたので、オニャンコポンが中山で走るのも頷けます。

2代母がサプレザで、叔父にサトノインプレッサがいます。

レース映像

オニャンコポンは10番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:晴
馬場:良
レース時計:2:01.3
ラスト4F:47.9
ラスト3F:35.5
前後半600mのラップバランス:35.7 – 35.5
前後半800mのラップバランス:47.9 – 47.9
前後半1000mのラップバランス:60.9 – 60.4(ミドルペース)

1着オニャンコポン 6番人気

勝負所で周りが動いた時も我慢して、ジョッキーも上手い騎乗でした。
スタートは良かったですが、こういう溜めるレースができると良いですね。

前走は調教も微妙で仕上がってなく、一度叩いて調子が良かった感じですかね。

2着ロジハービン 5番人気

マクりで良いレースぶりでした。
外枠で良い競馬ができたと思います。

ハービンジャー×ジャングルポケットで、タフな馬場が合ってた印象です。

3着ヴェローナシチー 8番人気

道中は掛かっていました。
直線は内の狭いところから外に出して、最後は良い脚でした。

エピファネイア産駒で、中山2000mは合っている印象です。
ただ、前走も上がり1位で勝っていたように、もっと直線が長いコースの方が良さそうですね。

4着アライバル 1番人気

エンジンの掛かりが遅いですね。
1コーナーの入りなど全体的に手前替えがスムーズではなかったと思います。

ジョッキーのコメント通り、広いコースの方が良さそうですね。
あと、左回りの方が良いと思います。

5着テンダンス 2番人気

内からしぶとく伸びていましたが、広いコースの方が良さそうです。

6着ホウオウプレミア 4番人気

道中は掛かっていました。
まだまだ若い印象ですね。
エアグルーヴ牝系ですし、今後の成長力に期待したいです。

東京の方が向いているような気がします。

14着ヴェールランス 3番人気

道中は掛かっていました。
前走はレコードが出たレースでしたし、このレース間隔では反動があったかもしれませんね。

内枠も合ってなく、外枠の方が良さそうです。
あと、タフな馬場も合ってなく、高速馬場の方が良さそうです。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました