【小倉大賞典 2022】アリーヴォが重賞初制覇!小倉巧者で小倉は5戦5勝

2022小倉大賞典 GⅢ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年2月20日、小倉競馬場で小倉大賞典(芝1800m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年の小倉大賞典を制したのは、アリーヴォ

競走成績:10戦5勝(2022年2月20日現在)

アリーヴォが重賞初制覇となりました。

2歳の10月にデビューし、3歳の2月に初勝利。
夏の小倉で2連勝すると、秋は菊花賞にも出走して7着でした。

4歳になって、今年の1月に小倉で3勝クラスを勝ち上がると、今回が即重賞初挑戦で初制覇となりました。
今回の勝利で、小倉は5戦5勝となり、本当に小倉巧者ですね。

また、今年のJRA重賞は1番人気がずっと勝てずに18連敗となっていましたが、最終的に1番人気での勝利となり、ついにストップしました。

今後はさらに大きい舞台ということで、小倉以外でどこまでやれるかというところですね。

アリーヴォの血統

父:ドゥラメンテ
母:エスメラルディーナ
母の父:Harlan’s Holiday

血統表は以下の通り。

アリーヴォの血統
引用元:netkeiba.com

父はドゥラメンテ。
ドゥラメンテ産駒は昨年タイトルホルダーが活躍しました。
中長距離では今後もどんどん産駒が活躍しそうで、アリーヴォも楽しみですね。

母エスメラルディーナは中央で2勝、2014年の関東オークスを勝ちました。

母の父はHarlan’s Holiday。
主な勝ち鞍は2002年のフロリダダービー、ブルーグラスステークス、2003年のドンハンデキャップなど。
2003年のドバイワールドカップでは2着に入りました。
種牡馬としては、Shanghai Bobby、Into Mischiefなどを出していて、Into Mischiefは種牡馬として大活躍しています。

叔父にコンシリエーレがいます。

レース映像

アリーヴォは16番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:晴
馬場:稍重
レース時計:1:49.2
前半1000m:61.0
ラスト4F:48.2
ラスト3F:36.2
前後半600mのラップバランス:37.1 – 36.2
前後半800mのラップバランス:49.3 – 48.2(スローペース)

1着アリーヴォ 1番人気

大外を差してきました。
大外枠で周りを見ながら競馬しやすかったと思います。
小倉以外でも内回りなら走れそうですが、平坦の方が良いかもですね。

2着ランブリングアレー 3番人気

外の好位から差してきました。
クラブの規定で、これで引退ですかね?

中山牝馬ステークスあたりで、もう1回見れたな良いなと思います。

3着カデナ 8番人気

大外から追い込んできました。
稍重で切れ味が鈍った感じですかね。

前走東海ステークス時も調教が良かったですが、今回も良かったですね。
最近は調子が良いんだと思います。

カデナのように、GⅠではちょっと足りずも、ハンデGⅢとかで走るディープインパクト産駒ってのは多いですね。

4着ヴァイスメテオール 2番人気

道中ちょっと力んでいた分、あと一歩だったですかね。
雨で馬場が重くなったのは良かったと思います。

輸送が微妙ですね。+18kgでした。
前走の菊花賞16着は前日輸送でイレ込み、今回は2週前追い切り後に栗東へ移動する2段階輸送ということでしたが、輸送が上手くいきすぎたとのコメントがありました。

5着スカーフェイス 5番人気

ちょっと忙しかったですかね。
もうちょっとゆったりいければ良いなと思います。
ジョッキーのコメントにもあったように広いコースか、小回りなら2000以上が良さそうです。

7着ダブルシャープ 4番人気

出遅れてしまい後方からの競馬でした。
もうちょっと前から競馬できれば良かったですね。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました