【京都牝馬ステークス 2022】ロータスランドが重賞2勝目!岩田望来ジョッキーがついに重賞初制覇

2022京都牝馬ステークス GⅢ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年2月19日、阪神競馬場で京都牝馬ステークス(芝1400m)が行われました。
JRA公式のレース結果

※2022年の京都牝馬ステークスは京都競馬場の改修工事の影響で、阪神競馬場で行われました。

2022年の京都牝馬ステークスを制したのは、ロータスランド

競走成績:13戦6勝(2022年2月19日現在)

ロータスランドが重賞2勝目となりました。

2021年は関屋記念で重賞初制覇。

その後は富士ステークスが10着。
夏からずっと使ってきた疲れと、外差しレースで向かなかった感じでした。

マイルチャンピオンシップが12着でした。

今回はマイルチャンピオンシップ以来のレースで、見事に重賞勝ちです。
鞍上の岩田望来ジョッキーもついに重賞制覇です。
なかなか勝てないのが続いていましたが、1つ勝てればどんどん勝てそうだなと思っていたので、今後はどんどん勝っていくのを期待したいですね。

今後はヴィクトリアマイルを目標にするようですね。
長い直線のマイルは向いている舞台だと思うので、期待したいと思います。

ロータスランドの血統

父:Point of Entry(ロベルト系)
母:Little Miss Muffet
母の父:Scat Daddy

血統表は以下の通り。

ロータスランドの血統
引用元:netkeiba.com

ロータスランドの血統については関屋記念の記事をご覧ください。

レース映像

ロータスランドは7番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:小雨
馬場:良
レース時計:1:19.7
ラスト4F:45.4
ラスト3F:33.9
前後半600mのラップバランス:34.3 – 33.9
前後半800mのラップバランス:45.8 – 45.4(ミドルペース)

1着ロータスランド 5番人気

早め抜け出しで押し切りました。
外回りの方が得意だと思いますが、内回りでもこれだけ走れるのは力が付いてきた感じですかね。
血統的には、実は内回りの方が得意という感じもします。

+18kgも問題なしで、ちょっと太め残りくらいだったですかね。

2着スカイグルーヴ 1番人気

馬場的に前が止まらない感じでした。
気性的には内回り1400mも合いそうですね。

3着タンタラス 2番人気

重賞初挑戦ながらよく走っていました。
クラブの規定でこれで引退ですかね?
良血なので、子どもも楽しみです。

4着シゲルピンクルビー 4番人気

差し脚が活かせない展開と馬場になってしまいました。
1400mは合いますが、もうちょっと開催が進んで差しが効く馬場なら、という感じですかね。

5着サンクテュエール 10番人気

出遅れてしまいました。
早めに挽回して内枠を活かしましたが、シゲルピンクルビー同様、もうちょっと差しが効く馬場なら、という感じですかね。

最近、阪神1400mの古馬重賞はディープインパクト系が走っているので、コースは向いてそうです。

6着ギルデッドミラー 3番人気

道中は掛かっていました。
直線は詰まってしまって、かなり厳しかったですね。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました