【フェブラリーステークス 2022】カフェファラオが連覇!やっぱり東京マイルでは強い

2022フェブラリーステークス GⅠ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年2月20日、東京競馬場でフェブラリーステークス(ダート1600m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年のフェブラリーステークスを制したのは、カフェファラオ

競走成績:11戦6勝(2022年2月20日現在)

カフェファラオが2021年に続いて、連覇となりました。

2021年にフェブラリーステークスを勝ってからは、かしわ記念5着、函館記念9着、チャンピオンズカップ11着と、上手くいかないレースが続いていましたが、得意の東京マイルに戻って、見事に勝利です。

これで東京マイルは4戦4勝です。

とにかく軽い馬場が得意なんでしょうね。
もはや芝馬という感じです。

2021年は函館記念に挑戦して残念な結果でしたが、ぜひとも東京の芝ということで、安田記念に挑戦してくれないかなと思っています。

秋にはブリーダーズカップというのも選択肢にあるようで、アメリカの軽い馬場での走りも是非見てみたいところです。

カフェファラオの血統

父:American Pharoah(アメリカンファラオ)
母:Mary’s Follies
母の父:More Than Ready

血統表は以下の通り。

カフェファラオの血統
引用元:netkeiba.com

カフェファラオの血統については2021年フェブラリーステークスの記事をご覧ください。

レース映像

カフェファラオは6番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:小雨
馬場:重
レース時計:1:33.8
ラスト4F:47.0
ラスト3F:34.6
前後半600mのラップバランス:34.5 – 34.6
前後半800mのラップバランス:46.8 – 47.0(ミドルペース)

1着カフェファラオ 2番人気

位置取りが完璧でしたね。
スタートに一番気をつけた、とコメントがありましたが、スタートもまずまず出て、良い位置が取れました。
内枠がどうかなと思いましたが、外の揉まれない位置で競馬できて、最高でした。

超高速馬場になって、上がり34.3というすごい上がりが出て、芝みたいなレースでしたね。
このことからも軽い芝での走りが一度見たいですね。

2着テイエムサウスダン 5番人気

前半早めに先頭に立ちました。
前半1000mのラップは
12.2 – 11.0 – 11.3 – 12.3 – 12.4
と、4、5F目が緩んで絶好の展開になりました。

軽い馬場で1400m寄りのスピード適性が求められた感じですかね。

3着ソダシ 4番人気

外の砂を被らない位置で競馬できました。
超高速馬場で芝適性が問われて、良い走りができたと思います。

もし良馬場だったら、ちょっと厳しかったかもですが、恵みの雨でしたね。

今後は芝に戻るんでしょうか?
まずはヴィクトリアマイルを目指して欲しいです。
やっぱり芝のマイルが一番だと思います。

4着ソリストサンダー 6番人気

馬場が速すぎましたね。
上がり34.6で来ていますが、前が止まらなく厳しいレースでした。

GⅠでは、あと一歩足りないキャラみたいになっちゃってますね。

東京マイルは2021年の武蔵野ステークスを勝っていて、適性はあると思うので、馬場が残念でした。

5着タイムフライヤー 15番人気

ソリストサンダーと同様、上がり34.6で来ていますが、前が止まらなかったですね。
元々は芝で走っていて、ホープフルステークスも勝ったくらいですから、芝適性が問われて、上手く走れたと思います。

6着レッドルゼル 1番人気

前が止まらない展開で厳しかったです。

ちょっと時計が速くなるくらいだったら良かったかもですが、ここまで速くなると厳しかったですね。

7着アルクトス 3番人気

上がりが掛かる競馬でないと厳しい感じですかね。

南部杯を勝っているように、東京マイルの適性はあると思います。
2年前は展開不利、昨年はローテーションで、今年は恵みの雨でチャンスかなと思いましたが、残念でした。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました