【フェブラリーS 2021】カフェファラオがGⅠ初制覇!東京マイルではやっぱり強かった

2021フェブラリーステークス GⅠ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2021年2月21日、東京競馬場でフェブラリーS(ダート1600m)が行われました。
JRA公式のフェブラリーSレース結果

2021年のフェブラリーSを制したのは、カフェファラオ

競走成績:7戦5勝(2021年2月21日現在)

カフェファラオはGⅠ初制覇となりました。

前走チャンピオンズカップでは、2番人気ながら6着と古馬の壁に跳ね返された形でした。

東京マイルではユニコーンSで強い勝ち方でした。
僕もテレビで見ていて、これは強すぎるなと圧巻のレースでした。

ユニコーンS後はジャパンダートダービーの惨敗もありました。

得意の東京マイルに戻って、遺憾なく力を発揮しましたね。

今後はどういうローテーションになるんですかね?

地方では前述のジャパンダートダービー惨敗もありますが、帝王賞などダートの王道に行くのでしょうか?

マイルが得意な馬だと、なかなか良いレースが無いのが痛いですね。
もっとダートマイル路線も重賞レースが増えてくれば良いんですけどね。

とはいえ、これだけ強い勝ち方をしたので、今後も楽しみですね。
生まれ故郷のアメリカのレースに挑戦というのも良いなと思います。

カフェファラオの血統

父:American Pharoah(アメリカンファラオ)
母:Mary’s Follies
母の父:More Than Ready

血統表は以下の通り。

カフェファラオの血統
引用元:netkeiba.com

父アメリカンファラオはアメリカ3冠馬。
この勝利で産駒初の国際ダートGⅠ制覇となりました。

エンパイアメーカー系ということで、今後どんな産駒が出てくるか期待されていますね。
ここまでアメリカでは芝を走る産駒も出ていて、今後が注目ですね。

アメリカンファラオ産駒は勝つか大敗かという馬が多いですね。
カフェファラオもここまで5-0-0-2と2、3着は1回もないんですよね。

母Mary’s Folliesはアメリカで走って、芝の重賞勝ち。

母の父More Than Readyは、オーストラリアやアメリカでGⅠ馬を出しています。
サザンヘイロー系ということでスピードがありそうです。

母も芝馬で、母の父もスピード血統で、芝も走りそうな血統になっています。

レース映像

カフェファラオは3番(黒色の帽子)です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:晴れ
馬場:良
レース時計:1:34.4
ラスト4F:47.9
ラスト3F:35.9
前後半600mのラップバランス:34.7 – 35.9
前後半800mのラップバランス:46.5 – 47.9(ミドルペース)

カフェファラオは3コーナーでは3番手、直線の手前では前2頭のすぐ後ろに付けて、抜群の手応えでした。

カフェファラオは以下、赤矢印で示した、黒色の帽子です。

2021フェブラリーステークスの最後の直線

以下が最後の直線入り口からのレース映像です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

レースのポイント

1着カフェファラオ

3コーナーで位置を上げたのが上手かったですね。
ここで勝ちが決まったように思います。

内枠を引いたことで包まれる危険性がありましたが、ルメールジョッキーは乗り方がめっちゃ上手いですね。
揉まれると脆いと思いましたが、逆に内枠を活かしました。

チークピーシーズを付けたようで、その辺りも良かったんですかね。

それにしても東京マイルは強いです。

これだけスピードがあれば、芝で走っても面白そうです。

2着エアスピネル

インから外に出したのがギリギリの乗り方でしたが、2着に繋がりました。
(最後の直線コースで外側に斜行したことについて過怠金10,000円)

エアスピネルはダートに転向してから、ワンターンで芝スタートのコースで結果を出していますね。

東京マイルはスピードが必要ですし、その辺りは元々芝を走っていたエアスピネルにとっては、絶好の舞台でしたね。

ここまで来たら、ダートで勝つところが見たいです。

3着ワンダーリーデル

内前目からの競馬で、思ったより前の位置取りでした。
スタートも良かったし、状態も良かったんですかね。

東京マイルは得意ですし、これまでは休み明けから叩いて2戦目の成績が良いので、今回の絶好のローテーションでしたね。

4着レッドルゼル

距離が長いと陣営もコメントしていましたが、よく4着まで来た感じです。

最後は良い脚でしたが、後ろからになってしまった分と外を回した分ですかね。

この土日は風の影響もあったのか、外差しがあまり決まらず、前残りのレースが多かったです。
フェブラリーステークスも同じような感じで、外回して勝つというのは難しかったですね。

また、スプリント路線に戻して、期待したいと思います。

5着エアアルマス

エーピーインディ系で、東京マイルで走りましたね。

ワイドファラオと並んでいたが、ペースもそんなに速くなく、後ろからも突かれず、スムーズに走れた感じです。

さすがに3コーナー過ぎてからは、カフェファラオが来ましたが、これだけスムーズに走れれば、内枠でも結果出せるということですね。

揉まれずにいけるか?というところが付き纏う感じになってしまいますが、今回のような展開を鑑みて、今後も狙ってみたいです。

5番人気ソリストサンダーは8着

スピード負けしたような感じです。
レッドルゼルと同様、外回したのは厳しかったです。

ただ、思ったよりも前にいけなかったですね。
この辺りがスピード不足かなというところです。

GⅠを経験して、今後もっとよくなる可能性はありそうですね。

2番人気アルクトスは9着

終始、外目でした。
レッドルゼル同様、外回した分、最後は厳しくなってしまいました。

乾いた馬場だと現状はこんなものなのかもしれません。
南部杯の時みたいに、渋った馬場で、という感じですかね。

4番人気サンライズノヴァは11着

最近は出遅れなくなってきたなと思っていたところ、GⅠのここで出遅れてしまいました。

外を回しましたが、前述の通り、外から差すのは厳しかったですね。

武蔵野Sを勝っていましたが、時期も違うと馬場も違って、冬の馬場はあまり合わないのかもですね。
2020年みたいに、前が速い展開にならないと厳しいのかもしれません。

カフェファラオの今後のローテーションが気になる

カフェファラオは次走含め、今後どうするのか気になります。

マイルが合うと思いますが、日本だとレースが限られますね。
1400とかも面白いと思いますが、プロキオンSくらいしかなく、1400のGⅠとかもあったら面白そうなんですけどね。

カフェファラオにはアメリカンファラオにも負けないくらい活躍して欲しいです。

カフェファラオの今後の活躍、どのレースを使うのかも楽しみです。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました