【中山金杯 2022】レッドガランが重賞初制覇!ダンシングキイの牝系でスタミナがあり、タフな2000mもこなした

2022中山金杯 GⅢ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年1月5日、中山競馬場で中山金杯(芝2000m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年の中山金杯を制したのは、レッドガラン

競走成績:21戦6勝(2022年1月5日現在)

レッドガランが重賞初制覇となりました。

3歳の4月にデビューすると、5歳で大阪城ステークスを勝利。
その後、重賞では掲示板、リステッドでは3、4着など惜しい競馬を続けて、7歳で初重賞制覇となりました。

ここまでマイルを中心に使われてきて、2000mでは新潟大賞典6着、鳴尾記念5着など、ちょっと距離が長いかなと思いましたが、ここで見事な勝利です。

ジョッキーのコメントにもあったように、ここは状態がすごく良かったようで、マイルではなく2000mを狙って使ってきたようですね。

ダンシングキイの牝系で良血なので、まだまだ頑張って欲しいですね。

レッドガランの血統

父:ロードカナロア
母:ダンスオンザルーフ
母の父:シンボリクリスエス

血統表は以下の通り。

レッドガランの血統
引用元:netkeiba.com

父はロードカナロア。
レッドガランも安田隆行厩舎で、ゆかりの血統ですね。

母ダンスオンザルーフは中央で未勝利。

ロードカナロア産駒は母系の特徴を出しやすいかと思いますが、母の父はシンボリクリスエス。
この時期の中山はタフな馬場で、ロベルト系とかよく走っているので、馬場も合っていた感じですかね。

3代母がダンシングキイで、エアダブリン、ダンスパートナー、ダンスインザダーク、ダンスインザムードなどが出ている名牝系ですね。
この牝系はスタミナがある馬が多いので、その辺りもぴったりだったと思います。

レース映像

レッドガランは8番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:晴
馬場:良
レース時計:2:00.1
ラスト4F:47.1
ラスト3F:35.9
前後半600mのラップバランス:37.6 – 35.9
前後半800mのラップバランス:49.7 – 47.1
前後半1000mのラップバランス:62.0 – 58.1(スローペース)

1着レッドガラン 4番人気

ペースが上がったところでも動かず、内で脚をじっくり溜めたのが良かったと思います。
直線は斜行で過怠金となってしまったようですが、外に出すと圧勝でした。

2着スカーフェイス 7番人気

外枠からでも上手く乗っていました。
中山らしい後半のロングスパートが合う感じですかね。
1月のタフな馬場も良かったと思います。

3着ヒートオンビート 1番人気

最後はなんとか差しましたが、4コーナーは窮屈な競馬になってしまいました。
2000mなら瞬発力を活かせるコースが合いそうですね。
あとは、もっと長い距離が良さそうです。

4着タガノディアマンテ 9番人気

内から差してきました。
長い休み明けでこれだけ走れるとは驚きました。

冬が得意なんですかね。

5着トーセンスーリヤ 2番人気

ジェットモーションが動いたことで、より後半ロングスパートになり厳しい展開でした。
それでも掲示板なら自力は高いと思います。

13着ヴィクティファルス 3番人気

もっと広いコースでゆったり走れた方が良さそうですね。
スプリングステークスは渋った馬場でしたが、それを勝ったことで中山得意はちょっと違う感じですね。

ダイヤモンドステークス辺りで見たいですが、流石に出ないですかね。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました