【新潟大賞典 2022】レッドガランが重賞2勝目!トップハンデも関係なく競り勝つ

2022新潟大賞典 GⅢ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年5月8日、新潟競馬場で新潟大賞典(芝2000m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年の新潟大賞典を制したのは、レッドガラン

競走成績:24戦7勝(2022年5月8日現在)

レッドガランが重賞2勝目となりました。

今年の中山金杯で重賞初制覇。

2走前京都記念は距離がちょっと長かったり、外を回った分で6着。
前走大阪城ステークスは4着でした。

今回は前走に引き続き、斤量57.5キロと厳しい斤量の中でも勝ちきって、根性のある馬ですね。
7歳ですが、まだまだ走りそうです。

レッドガランの血統

父:ロードカナロア
母:ダンスオンザルーフ
母の父:シンボリクリスエス

血統表は以下の通り。

レッドガランの血統
引用元:netkeiba.com

レッドガランの血統については中山金杯の記事をご覧ください。

レース映像

レッドガランは14番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:晴
馬場:良
レース時計:1:57.7
ラスト4F:47.1
ラスト3F:35.1
前後半600mのラップバランス:34.7 – 35.1
前後半800mのラップバランス:46.8 – 47.1
前後半1000mのラップバランス:58.5 – 59.2(ミドルペース)
12.1 – 10.7 – 11.9 – 12.1 – 11.7 – 12.1 – 12.0 – 11.3 – 11.3 – 12.5

1着レッドガラン 7番人気

外の好位から差してきました。
3コーナーのペースが落ち着くところで位置を上げて、上手い騎乗でした。

ワンターンの持続力勝負は合いますね。
最後は差し切られそうでしたが、併せて伸びました。
この辺りの騎乗も見事でした。

新潟大賞典はダンチヒ系など、短距離適性の高い血統がよく走っていて、ロードカナロア産駒も新潟外回りの持続力勝負は合いそうですね。

2着カイザーバローズ 3番人気

出遅れてしまいました。
直線は大外を差してきました。

新潟外回りの分、最後に甘くなった感じです。

前走は上がり最速で勝ちきっていましたし、勢いのディープインパクト産駒ということで、次も期待したいです。

3着ヤシャマル 5番人気

長く脚を使いますね。
新潟外回りの持続力勝負は良さそうです。

前走は中京2200mでタフな競馬でしたし、こういう持続力勝負になりそうな時は注目したいです。

4着モズナガレボシ 14番人気

早め先頭で、よく粘りました。

グランプリボス産駒でサクラバクシンオーの系統。
ロードカナロア産駒と同様に、血統的にも持続力勝負は向きそうです。

2021年の小倉記念も周りが早めに動いていたので、持続力勝負で上手くハマった感がありました。

5着ステラリア 2番人気

直線は外から内に、かなりもたれていました。

ステラリアも阪神2200mのエリザベス女王杯で好走したように、こういう持続力勝負は合いそうですね。

6着シュヴァリエローズ 4番人気

出遅れてしまいました。
直線は外から差してきました。

復調してきた感じですが、ちょっと重賞では足りない感じですかね。

9着アイコンテーラー 1番人気

テンからいった分、厳しい展開になりました。

左回り巧者ですが、1番人気になるほどか?という感じです。

今回は同型も多かったですし、楽に前にいけそうな時に注目したいです。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました