【ウイニングポスト9 2021】スキャン×クルーピアレディーはスプリント路線で活躍し、GⅠを4勝

スキャン×クルーピアレディー Winning Post 9 2021

ウイニングポスト9 2021のプレイ日記です。
1991年スタート、難易度はHARDです。

今回はスキャン×クルーピアレディーの自家生産馬についてです。
ジェニュインの半弟になります。

1993年生まれの牡馬です。
「カヴォートアトラス」という名前です。

スキャン×クルーピアレディー

GⅠを4勝で、勝ち鞍は以下の通りです。

  • 全日本2歳優駿
  • チャンピオンズカップ
  • JBCスプリント(2回)

4歳時にはBCスプリントにも挑戦しましたが2着、Elmhurstが1着で、4馬身差の完敗でした。
Elmhurstは1997年のBCスプリント勝ちで、現実と同じ結果になりました。

■Elmhurst
https://www.jbis.or.jp/horse/0000360825/

種牡馬入り後

母ホクトベガの牡馬

母ホクトベガの牡馬は、チャンピオンズカップ4連覇など、GⅠを16勝しました。
以下の記事にまとめました。

母ホクトベガの牝馬

母ホクトベガの牝馬で、「ホクトインテント」という名前です。
上記馬の全妹になります。

GⅠを4勝で、勝ち鞍は以下の通りです。

  • JBCレディスクラシック
  • フェブラリーステークス
  • JBCクラシック
  • 南部杯

かしわ記念、帝王賞、チャンピオンズカップと2着があり、全てグレープブランデーに敗れました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました