【ウイニングポスト9 2021】サイレンススズカ×ベガはドバイワールドカップ勝ちなどダートで大活躍で、GⅠを10勝

サイレンススズカ×ベガ Winning Post 9 2021

ウイニングポスト9 2021のプレイ日記です。
1991年スタート、難易度はHARDです。

今回はサイレンススズカ×ベガの自家生産馬についてです。

完全な芝配合ですが、バリバリのダート馬となりました。

2006年生まれの牡馬です。
「スターレットベガ」という名前です。

サイレンススズカ×ベガ

2歳(2008年)

2歳の10月デビューでした。
2歳の戦歴は以下の通りです。

  • 新馬 1着
  • カトレアステークス 1着
  • 全日本2歳優駿 1着

3歳(2009年)

3歳の戦歴は以下の通りです。

  • UAEダービー 1着
  • ケンタッキーダービー 1着
  • プリークネスステークス 4着
  • ハスケル招待ステークス 2着
  • トラヴァーズステークス 1着
  • BCダートマイル 1着
  • チャンピオンズカップ 1着

米国3冠を狙いましたが、プリークネスステークスで敗れました。

その後は、ハスケル招待ステークスで2着、所有馬で同じくアメリカ路線を歩んだ馬が1着でした。
その所有馬が中距離馬だったため、BCクラシックに向かわせて、本馬はBCダートマイルに出走しました。

最優秀3歳牡馬、最優秀ダート馬、米国最優秀短距離牡馬に選ばれました。

4歳(2010年)

4歳の戦歴は以下の通りです。

  • ペガサスワールドカップ 2着
  • サウジカップ 3着
  • ドバイワールドカップ 1着
  • ゴールドカップアットサンタアニタ 1着
  • ホイットニーステークス 1着
  • ジョッキークラブゴールドカップ 1着
  • BCクラシック 2着
  • チャンピオンズカップ 1着

ペガサスワールドカップはゼニヤッタが1着。
ゼニヤッタは現実では、2008年のBCディスタフ(当時はBCレディーズクラシックというレース名)、2009年のBCクラシックなど、GⅠを13勝。
デビューから19連勝で、2010年のBCクラシックが唯一の敗戦(しかも2着)という、すごい馬でした。

■Zenyatta(ゼニヤッタ)
https://www.jbis.or.jp/horse/0001037012/

ドバイワールドカップはレイチェルアレクサンドラが2着。
ハナ差の接戦で、なんとか競り勝ちました。
レイチェルアレクサンドラは現実では、2009年のプリークネスステークス(85年ぶり、史上5頭目の牝馬による勝利)などを勝ちました。

■Rachel Alexandra(レイチェルアレクサンドラ)
https://www.jbis.or.jp/horse/0001127386/

最優秀4歳以上牡馬、最優秀ダート馬、米国最優秀古馬牡馬に選ばれました。

4歳で引退です。
最終的にはGⅠを10勝できました。

種牡馬入り後

サイレンススズカ×ホクトベガの牡馬

サイレンススズカ×ホクトベガの牡馬で、「ホクトシンフォニー」という名前です。
GⅠを2勝で、勝ち鞍は以下の通りです。

  • ホープフルステークス
  • 大阪杯

コメント

タイトルとURLをコピーしました