【ウイニングポスト9 2021】初期繁殖牝馬シバツルの産駒

ノーザンテースト×シバツル Winning Post 9 2021

ウイニングポスト9 2021のプレイ日記です。
1984年スタート、難易度はHARDです。
※エディットは時間が掛かるため、未実施です。

今回は初期繁殖牝馬シバツルの産駒についてです。
現実では特に活躍馬を出せませんでした。

ゲーム内でも、あまり活躍馬を出せませんでしたが、ノーザンテースト産駒がそれなりに走りました。

ノーザンテースト×シバツル

2歳(1989年)

全日本2歳優駿で4着でした。
詳細は以下の記事をご覧ください。

3歳(1990年)

3歳の戦歴は以下の通りです。

ヒヤシンスステークス2着→兵庫チャンピオンシップ4着→ユニコーンステークス1着→ジャパンダートダービー1着→日本テレビ盃7着→武蔵野ステークス1着→チャンピオンズカップ7着

早熟というのもありましたが、古馬の壁が厚かったです。
日本テレビ盃は1着タケデンファイター、2着トウケイフリート、5着スイフトセイダイなど、この年代の地方勢は強い馬が多い印象です。

チャンピオンズカップは2着ロジータ、4着タケデンファイター、5着ダイナレター。
ロジータも強いですが、勝ったのはGorgeous。
現実では1990年のヴァニティハンデなどGⅠを複数勝って、ブリーダーズカップディスタフ2着など。
ちょっと全体的に相手が悪かったです。

早熟のため、3歳で引退です。

ノーザンテースト×シバツル

コメント

タイトルとURLをコピーしました