【ステイヤーズS 2020】オセアグレイトが重賞初制覇!再びシンコウエルメスの牝系から重賞勝ち馬が誕生

2020ステイヤーズS GⅡ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2020年12月5日、中山競馬場でステイヤーズS(芝3600m)が行われました。
JRA公式のステイヤーズSレース結果

2020年のステイヤーズSを制したのは、オセアグレイト

競走成績:16戦5勝(2020年12月5日現在)

オセアグレイトは重賞初制覇となりました。

2020年はオープンに昇格すると、ダイヤモンドSで3着と惜しい競馬をしていました。
ダイヤモンドS以降の成績は奮いませんでしたが、平地重賞の最長距離である3600mで見事に重賞制覇です。

「長距離は騎手で買え」という格言がありますが、鞍上の横山典ジョッキーもこのレースを得意としていて、さすがの好騎乗でした。

2021年は天皇賞春が阪神競馬場で行われるので、例年の京都競馬場よりタフなレースになることが予想されます。
そうなると、オセアグレイトにもチャンスがあるかなと思うので、来年が楽しみですね。

オセアグレイトの血統

父:オルフェーヴル
母:ブルーダヌーブ
母の父:Bahri(ネヴァーベンド系)

血統表は以下の通り。

オセアグレイトの血統
引用元:netkeiba.com

父はオルフェーヴル。
オルフェーヴル産駒は長距離のゆったりした流れで活躍するような馬も多く、今後長距離路線でどんどん活躍馬を出しそうです。

母はフランスで走って1勝。

母の父Bahriは、セントジェームズパレスステークスの勝利やクイーンエリザベス2世ステークスでは、名牝リッジウッドパールに大差で勝つなどの活躍を見せました。
種牡馬としては、凱旋門賞を勝ったサキーを出しています。

日本ではフィフスペトルの母の父として名前が知られている程度で、あまり名前を聞かない種牡馬ですね。
ネヴァーベンド系ということで、ヨーロッパでこそと思わせる血統で、ステイヤーズSのようなレースに向くんでしょうね。

そして、母方の祖母がシンコウエルメスです。
先日、グリーンチャンネルで藤沢和雄調教師の特番をやっていて、その中でも取り上げられていたのですが、藤沢和雄調教師の熱意が生んだ血統です。

重度の骨折で安楽死やむなし、というところから救われた馬です。
詳しくは、平松さとしさんの記事をご覧ください。
https://news.yahoo.co.jp/byline/satoshihiramatsu/20171128-00078638/

シンコウエルメスからは、ディーマジェスティ、タワーオブロンドンとGⅠ馬が出ていて、今回オセアグレイトも重賞制覇です。

「一勝より一生」と話す藤沢和雄調教師の熱意から、これだけ血統が広がっていってることが本当にすごい事です。

レース映像

レース映像は以下のJRA公式レース結果のページで確認できます。

JRA公式のステイヤーズSレース結果

天候:小雨
馬場:稍重
レース時計:3:52.0
前半1000m:66.2
ラスト4F:47.2
ラスト3F:35.2
前後半600mのラップバランス:39.8 – 35.2
前後半800mのラップバランス:53.3 – 47.2
前後半1000mのラップバランス:66.2 – 59.4
前後半1600mのラップバランス:1.45.2 – 1.40.3
1200mごとのラップバランス:78.5 – 81.1 – 72.4(スローペース)

レースのポイント

スローの展開となりましたが、縦長で道中はあまり動きがなく、残り1000mからの競馬となりました。
これだけスローだと、必然的に前にいった馬で決まるという典型的な形になりました。

オセアグレイトは常に行きたがっているような感じでしたが、そこは横山典ジョッキーが上手く抑えて、最後は差し切りました。

2着はタガノディアマンテ。
1周目の1コーナーから2コーナーで一気に上がっていって、3コーナー入るところでは先頭でした。
絶妙の展開で、最後の直線でも、そのまま押し切るかと思いましたが、最後は差されてしまいました。
万葉Sを勝っているように、今後も長い距離では注目ですね。

3着はポンデザール。
牝馬でありながら3600mでも3着に来たのはすごいですね。
さすがにここまで長い距離では厳しいと思いましたが、札幌で見せていた力は本物ですね。
今後は適距離のレースがあまり無さそうなので、ちょっとかわいそうです。
ヨーロッパみたいに、タフな展開になる2400mのレースとかあれば良いんですけどね。

4着はタイセイトレイル。
近走は安定して良い競馬をしています。
アルゼンチン共和国杯でも2着しているように、重賞制覇のチャンスはあると思います。

5着はヒュミドール。
長い距離で良さそうですね。
オセアグレイトと同じオルフェーヴル産駒で、今後も続けて長い距離を使われていったら、どこかでチャンスありそうです。

2番人気シルヴァンシャーは9着でした。
4コーナーでは一杯でした。
シルヴァンシャーは良馬場で瞬発力活かせるところのほうが良さそうです。

3番人気ボスジラは6着でした。
シルヴァンシャー同様、4コーナーでは一杯でしたね。
ローカルの2600がベストですかね。

4番人気メイショウテンゲンは14着でした。
押しても全然上がっていかず、気持ちの問題ですかね?
今回はノーカウントでまた見直したいと思います。

5番人気アルバートは13着でした。
さすがに衰えていましたかね。
これで引退して種牡馬入りです。
アドマイヤドンの血を引いていることもあり、なんとか頑張って欲しいなと思っています。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました