【フィリーズレビュー 2022】サブライムアンセムが重賞初制覇!時計も速く、今後も内回りでは期待できそう

2022フィリーズレビュー GⅡ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年3月13日、阪神競馬場でフィリーズレビュー(芝1400m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年のフィリーズレビューを制したのは、サブライムアンセム

競走成績:7戦2勝(2022年3月13日現在)

サブライムアンセムが重賞初制覇となりました。

2歳は8月の新潟でデビュー。
3戦目〜5戦目まで3戦連続2着と、なかなか未勝利を勝ちきれていませんでしたが、前走で未勝利勝ち。
前走は不利があり、降着で繰り上がりの勝利でした。

気性がちょっと難しいところがありそうですが、テン乗りの池添謙一ジョッキーは上手く乗っていました。
メイケイエールでも良い競馬をしていますし、気性の悪い牝馬は特に上手いイメージがあります。

勝ちタイムが1分20秒を切ってきて、ちょっと驚きました。
馬場が速いにしろ、これだけの時計で走れると、今後も期待できるかなと感じました。

サブライムアンセムの血統

父:ロードカナロア
母:パストフォリア
母の父:シンボリクリスエス

血統表は以下の通り。

サブライムアンセムの血統
引用元:netkeiba.com

父はロードカナロア。
ロードカナロア産駒ということで、この高速馬場でも上手く走れたかなと思います。

母パストフォリアは中央で4勝。

母の父はシンボリクリスエス。
母の父としては、オジュウチョウサン、レイデオロ、オーソリティ、マジックキャッスル、アカイイト、ソーヴァリアントなど、活躍馬多数です。

2代母がハッピーパス。
2001年のフィリーズレビューで2着でした。
叔父にコディーノ、叔母にチェッキーノがいます。

レース映像

サブライムアンセムは4番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:曇
馬場:良
レース時計:1:19.9
ラスト4F:46.4
ラスト3F:35.0
前後半600mのラップバランス:33.5 – 35.0
前後半800mのラップバランス:44.9 – 46.4(ハイペース)
12.0 – 10.5 – 11.0 – 11.4 – 11.5 – 11.7 – 11.8

1着サブライムアンセム 2番人気

出遅れてしまいました。
道中は掛かっていましたが、なんとか我慢できました。
直線は中ほどを差してきました。

折り合っていければ外回りでもそこそこ走れそうですが、内回りのハイペース向きという感じですかね。

欧州型の馬はよく走りますね。
2018年1着リバティハイツ、2019年1着プールヴィル、2020年3着ナイントゥファイブ、2021年1着シゲルピンクルビーなどが走っています。

2着ナムラクレア 1番人気

4コーナーはちょっと狭く、大外に出しました。
一瞬の切れでは勝っていますが、最後は止まってしまった感じですね。

最終追い切りが坂路で時計も速く、脚力がありますね。
1200mがベストかなというところですが、3歳春は1200mのレースがほとんどないので、厳しいところです。

3着アネゴハダ 4番人気

好位から抜け出して、惜しい競馬でした。
厳しい展開でもよく粘ったと思います。

時計が掛かった方が走れると思うので、時計が速すぎましたね。

4着マイシンフォニー 3番人気

大外から差してきました。

前走1800mで未勝利勝ちでしたが、今回は距離が短かったですね。
1400mでここまで走るとは思いませんでした。

5着ラブリネスオーバー 14番人気

出遅れてしまいました。

前走は東京で勝っていましたが、瞬発力勝負ではなくて、ペースが流れて持続の流れで勝っていました。
内回りなら、今後芝でも走れそうです。

7着キミワクイーン 5番人気

右回りが微妙なんですかね。
直線は外によれていました。

サブライムアンセム同様、ロードカナロア産駒で、舞台は合ってると思いましたが、残念でした。
1400mがベストだと思うので、東京1400mとかで期待したいです。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました