【桜花賞 2022】スターズオンアースがGⅠ初制覇!不利もありながら差し切った根性がすごい

2022桜花賞 GⅠ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年4月10日、阪神競馬場で桜花賞(芝1600m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年の桜花賞を制したのは、スターズオンアース

競走成績:6戦2勝(2022年4月10日現在)

スターズオンアースがGⅠ初制覇となりました。

2歳は8月の新潟でデビューしてルージュスティリアの2着。
2戦目で未勝利を勝ち上がると、赤松賞3着、フェアリーステークス2着、クイーンカップ2着と重賞でも好走していました。

重賞好走がありながら、桜花賞は7番人気。
結果もそうでしたが、まさに大混戦といった感じでした。

その中で勝ちきったスターズオンアース。
これまでのレース振りから、オークスの方がチャンスあるかなと思いましたが、桜花賞も見事な勝ちっぷりでした。

血統的にも次のオークスも楽しみです。

スターズオンアースの血統

父:ドゥラメンテ
母:サザンスターズ
母の父:Smart Strike

血統表は以下の通り。

スターズオンアースの血統
引用元:netkeiba.com

父はドゥラメンテ。
昨年のタイトルホルダーに続いて、2年目の産駒からもGⅠ勝ち馬が出ました。
まさにクラシック血統、主流血統という感じで、今後ますます活躍馬が出そうです。

母サザンスターズは海外で1勝。

母の父はSmart Strike。
2007年と2008年にはカーリンらの活躍により北米リーディングサイアーとなりました。

2代母スタセリタは2009年ディアヌ賞、ヴェルメイユ賞、2010年ジャンロマネ賞などを勝ちました。
叔母にソウルスターリングがいます。

レース映像

スターズオンアースは8番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:晴
馬場:良
レース時計:1:32.9
ラスト4F:46.1
ラスト3F:34.1
前後半600mのラップバランス:34.6 – 34.1
前後半800mのラップバランス:46.8 – 46.1(ミドルペース)
12.4 – 10.8 – 11.4 – 12.2 – 12.0 – 11.1 – 11.5 – 11.5

1着スターズオンアース 7番人気

序盤は進んでいかなかったようですね。

直線は内から差してきました。
直線入ったところから、かなり狭かったです。
残り350m辺りでようやく前が空くと、馬群を割って伸びてきました。

接触もあったようですが、根性がすごいですね。

フェアリーステークス、クイーンカップでは右にモタれていたので、右回りはどうかなと思っていました。
川田ジョッキーも上手かったですし、ハミを変えたようで、効果もあったんですかね。

距離が延びて左回りは、さらにパフォーマンス上げそうな気がします。

2着ウォーターナビレラ 3番人気

番手から枠も活かして良い競馬でした。
今回は前に付けて、自分の競馬ができましたね。

前走太めから絞れて、馬体も良かったと思います。
完全に勝った競馬でしたが、運も無かったですね。

3着ナムラクレア 6番人気

阪神ジュベナイルフィリーズでは内枠でも前に付けられませんでしたが、今回は良い位置に付けられました。
枠も活かして良い競馬でしたが、やはりマイルは長い感じですかね。

4着サークルオブライフ 2番人気

外から追い込んできました。
内決着をよく4着まで来たなという感じです。

距離は延びて2000mくらいが良さそうなので、オークスも期待したいです。

5着ピンハイ 13番人気

内から差してきました。
馬体重が-8kgで406kgでした。

斜行で危ないレースでしたが、これだけ馬体を減らしてもこの競馬ができるなら、今後も面白そうです。

ミッキーアイル産駒なので、オークスは長い感じですかね。

8着アルーリングウェイ 5番人気

好位内枠でしたが、距離が長い感じですかね。
アルーリングアクトの牝系なので、1200m〜1400mで再度期待したいです。

10着ナミュール 1番人気

出遅れてしまいました。
馬体重-4kgで426kgと、もうちょっと馬体を増やせると良い感じですかね。

間隔も詰まっていて、やはり走るには休み明けの方が良さそうです。

11着プレサージュリフト 4番人気

出遅れてしまいました。
出遅れ癖があるので、きついですね。
初輸送も堪えたのかもしれません。

東京なら巻き返しできそうですが、どうでしょうか?

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました