【大阪杯 2022】ポタジェがGⅠ初制覇!内回りの持続力勝負でスピードを存分に発揮

2022大阪杯 GⅠ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年4月3日、阪神競馬場で大阪杯(芝2000m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年の大阪杯を制したのは、ポタジェ

競走成績:15戦6勝(2022年4月3日現在)

ポタジェがGⅠ初制覇となりました。
重賞も初勝利です。

2歳の9月中山でデビュー勝ちすると、その後は3戦2着続きで、3歳7月に1勝クラスを勝ってから、翌年白富士ステークスまで4連勝しました。

2021年の金鯱賞が重賞初挑戦で3着。
その後は新潟大賞典2着、毎日王冠3着と重賞勝ちまであと一歩という感じでした。

2021年の天皇賞秋は6着。
2021秋の毎日王冠、天皇賞は相手を考えると、よく走ったなという感じでした。

2022年はAJCC5着、金鯱賞4着ときて、大阪杯で見事にGⅠ制覇です。

これまで重賞勝ちはありませんでしたが、堅実に走っていますし、毎日王冠や天皇賞で見せた走りは本物でしたね。

次走は宝塚記念を視野に、とのことなので、今後も期待したいと思います。

ポタジェの血統

父:ディープインパクト
母:ジンジャーパンチ
母の父:Awesome Again(デピュティミニスター系)

血統表は以下の通り。

ポタジェの血統
引用元:netkeiba.com

父はディープインパクト。
大阪杯でディープインパクト産駒は2014年〜2016年まで3連覇。
2019年アルアイン、2021年レイパパレも勝っていますし、2、3着にも多くの馬が入っていて、本当によく走っています。

母ジンジャーパンチは2007年のBCディスタフなどを勝って、2007年エクリプス賞最優秀古牝馬に選ばれました。

母の父はAwesome Again。
現役時代は1998年のBCクラシック、ホイットニーハンデキャップなどを勝ちました。
種牡馬としても、ゴーストザッパーなどを出しました。

半姉にルージュバック(父マンハッタンカフェ)がいます。

レース映像

ポタジェは8番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:曇
馬場:良
レース時計:1:58.4
ラスト4F:47.5
ラスト3F:35.8
前後半600mのラップバランス:34.6 – 35.8
前後半800mのラップバランス:46.8 – 47.5
前後半1000mのラップバランス:58.8 – 59.6(ミドルペース)
12.3 – 10.3 – 12.0 – 12.2 – 12.0 – 12.1 – 11.7 – 11.5 – 11.8 – 12.5

1着ポタジェ 8番人気

金鯱賞で行き足が悪かったので出していったようですね。
好位が取れて、内回りの持続力勝負で存分にスピードが発揮できたと思います。

調教後馬体重が484kgでレースでは絞れて468kgでした。
休み明け3戦目で、中間もあまりやれていない感じだったので、状態が良くないのかなと思っていました。
金、土曜日と馬場入りして、直前で仕上げてきた感じですかね。

2着レイパパレ 3番人気

ジャックドールを牽制して、アフリカンゴールドがいくと、すっと下げて上手い騎乗でした。
道中も我慢できていて良かったです。

良い位置取りで直線で前に出た時は勝ったかと思いましたが、惜しかったですね。
今回は久々に斤量55kgで出られましたし、金鯱賞のように逃げなくても折り合えるようになってきてたのでチャンスあるかなと思いました。

レース後は川田将雅ジョッキーが吉田隼人ジョッキーに手を差し出して、良い絵を見ました。
二人は同期ですし、川田将雅ジョッキーはポタジェにも乗っていたので、こういうところを見れると嬉しくなりますね。

3着アリーヴォ 7番人気

3〜4コーナーではエフフォーリアの後ろくらいでした。
4コーナーで一気に内から上がってきて、小倉で結果を出していたように、コーナーの加速力がすごいですね。
最後の坂でも伸びていました。

小倉巧者ですが、急坂コースでパフォーマンスを落としていたので、どうかなと思いましたが、問題ありませんでした。

4着ヒシイグアス 5番人気

折り合いもさほど気にならずでした。
コーナーで外を回った分だけ、という感じですかね。

香港を目標にしていたようなので、急に出れなくなったのは残念でした。
急遽切り替えてこちらに来たので、仕上がり途上だったようですね。
最終追い切りでもかなり掛かっていて、それでも4着に来るというのは、ジョッキーのコメントにもあった通り、まだまだかなりのパフォーマンスを出しそうです。

5着ジャックドール 2番人気

2F目が10.3となり、ちょっと速いペースでしたね。
ウインマリリンもテンが速かったですし、外からレイパパレも来ていて、厳しい流れになってしまいました。
それでも5着なら、よく粘ったと思います。

天皇賞秋辺りでもう一度期待したいですね。

9着エフフォーリア 1番人気

ここまで負けるとは驚きました。

ゲートにぶつかったり、初輸送で3日間馬場入りせず、馬の行く気が無かった感じですかね。
輸送に慎重になりすぎた感じかもしれません。

小回りの持続力勝負はアーモンドアイも有馬記念で負けたり、かなり適性も必要だとと改めて思いました。

広いコースの方が良いと思うので、天皇賞秋、ジャパンカップ辺りで、また期待したいです。

10着アカイイト 4番人気

時計が速すぎた感じですかね。
もっとタフなレースになる宝塚記念辺りで、チャンスがありそうな気がします。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました