【ウイニングポスト9 2021】ビワハヤヒデは2年連続で秋古馬3冠、3年連続年度代表馬で、GⅠを16勝

ビワハヤヒデ Winning Post 9 2021

ウイニングポスト9 2021のプレイ日記です。
1991年スタート、難易度はHARDです。

今回はビワハヤヒデについてです。

現実の主な勝鞍は菊花賞、天皇賞春、宝塚記念など。
デビュー以来の15戦連続連対はシンザンに次ぐ中央競馬史上第2位の記録だそうですね。

天皇賞秋でビワハヤヒデが故障してしまったことにより対決は実現しませんでしたが、ナリタブライアンとの兄弟での活躍はすごいものがありました。

ナリタブライアンについては以下をご覧ください。

2歳(1992年)

10月にデビューして、百日草特別、ホープフルステークスと3連勝でした。

3歳(1993年)

3歳の戦歴は以下の通りです。

弥生賞ディープインパクト記念1着→皐月賞3着→ダービー1着→イギリスセントレジャー2着→菊花賞1着→ジャパンカップ1着。

皐月賞はウイニングチケット1着、ナリタタイシン2着でした。

セントレジャーはMonsunが1着。
ちょっとMonsunに負けるとは思いませんでした。

ジャパンカップはコタシャーン2着、ウイニングチケット3着。

最優秀3歳牡馬、年度代表馬に選ばれました。

4歳(1994年)

4歳の戦歴は以下の通りです。

ドバイシーマクラシック2着→天皇賞春1着→宝塚記念1着→インターナショナルステークス1着→天皇賞秋1着→ジャパンカップ1着→有馬記念1着。

インターナショナルステークスはハトゥーフ2着、ホワイトマズル3着、Dernier Empereur4着と強敵なメンバーでしたが、勝てました。

ナリタブライアンも所有馬でしたが、ここはビワハヤヒデを避けて秋古馬3冠での対決はありませんでした。

最優秀4歳以上牡馬、年度代表馬に選ばれました。
年度代表馬争いは、ビワハヤヒデ149票、ナリタブライアン143票と、壮絶な兄弟の争いになりました。

5歳(1995年)

5歳の戦歴は以下の通りです。

ドバイシーマクラシック1着→クイーンエリザベスⅡ世カップ1着→宝塚記念1着→キングジョージ2着→天皇賞秋1着→ジャパンカップ1着→有馬記念1着。

ドバイシーマクラシックは所有馬ナリタブライアン2着。
ここで兄弟対決を実現させました。
現実で、こういう海外の舞台で兄弟対決みたいなことが起きたら、すごいことですね。

キングジョージはDernier Empereur1着、シングスピール3着、エルナンド4着、ラムタラ5着と、強敵揃いでした。
Dernier Empereurは、現実ではGⅠは英チャンピオンステークス勝ちくらいでしたが、ゲーム内では結構走ってきますね。

ジャパンカップはエルナンド2着、Awad3着、ランド5着でした。

有馬記念はマヤノトップガン2着。
1/2 馬身差まで迫られましたが、なんとか勝てました。

2年連続で秋古馬3冠を達成できました。

最優秀4歳以上牡馬、年度代表馬に選ばれました。
これで3年連続で年度代表馬でした。

種牡馬入り後

現実では中央競馬の重賞勝利馬を出せませんでした。
ゲーム内ではなんとか活躍馬を出せるように頑張りたいです。

ビワハヤヒデ×シーキングザパールの牡馬

ビワハヤヒデ×シーキングザパールの牡馬で、「パールウェルズ」という名前です。
GⅠを3勝で、勝ち鞍は以下の通りです。

  • 2006年 朝日杯フューチュリティステークス
  • 2007年 皐月賞
  • 2007年 ダービー

コメント

タイトルとURLをコピーしました