【マーチステークス 2022】メイショウハリオが重賞2勝目!輸送減りしていても、すごい末脚で差し切り

2022マーチステークス GⅢ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2022年3月27日、中山競馬場でマーチステークス(ダート1800m)が行われました。
JRA公式のレース結果

2022年のマーチステークスを制したのは、メイショウハリオ

競走成績:15戦6勝(2022年3月27日現在)

メイショウハリオが重賞2勝目となりました。

2021年のみやこステークスで重賞初制覇。

前走チャンピオンズカップは7着でしたが、左回りの分もありそうな感じでした。
今回は右回りに戻って、良いパフォーマンスでした。

今後、さらに大きな舞台でも楽しみですね。

メイショウハリオの血統

父:パイロ
母:メイショウオウヒ
母の父:マンハッタンカフェ

血統表は以下の通り。

メイショウハリオの血統
引用元:netkeiba.com

メイショウハリオの血統については、みやこステークスの記事をご覧ください。

パイロ産駒でエーピーインディ系。
2017年1着インカンテーション、2018年2着クインズサターンなど、よく走っていますね。

レース映像

メイショウハリオは12番です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:曇
馬場:重
レース時計:1:50.2
前半1000m:60.9
ラスト4F:49.3
ラスト3F:37.2
前後半600mのラップバランス:35.9 – 37.2
前後半800mのラップバランス:48.6 – 49.3(ミドルペース)
12.5 – 11.3 – 12.1 – 12.7 – 12.3 – 12.1 – 12.5 – 12.0 – 12.7

1着メイショウハリオ 2番人気

出遅れてしまいました。
直線は外から差してきて、末脚はすごかったですね。

馬体重が-16kgで、輸送でだいぶ減ってしまったようでした。
休み明けでそれほど調子が良くなかったんですかね。
それでも勝ってしまうのですから、強い馬です。

エーピーインディ系らしく、スピードの持続力が活きる舞台なら、まだまだ活躍しそうです。

2着ケンシンコウ 12番人気

前目から4角先頭で、惜しいレースでした。
ジョッキーのコメントにもありましたが、気分屋でいつ走るか分からない感じですね。

ケンシンコウもパイロ産駒で、ワンツーとなりました。

3着ブルベアイリーデ 3番人気

右回りは微妙かなと思いましたが、ここでは実績上位でした。
このくらいのメンバーなら右回りでも走りますね。

もっと高いレベルで戦うなら、左回りという感じだと思います。

3着同着ヒストリーメイカー 1番人気

ズブかったがなんとか、という感じでした。
地方とか小回りでなければ、走りますね。

前走は超ハイペースで、前を捕まえにいって、厳しい展開でした。

5着カデナ 8番人気

出遅れてしまいましたが、 外から追い込んできました。

芝の方が良いと思いますが、ダートでも走りますね。
血統的には母はアメリカで4勝、重賞勝ちもあります。

7着オメガレインボー 4番人気

思ったほど伸びずでした。
1200m、1400mと使ってきて、距離延長の分ですかね。

13着アイオライト 5番人気

同型が多く、厳しい流れになりました。
単騎逃げできれば、という感じですね。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました