【ウイニングポスト9 2021】1984年スタート プレイ1年目

ウイニングポスト9 2021 Winning Post 9 2021

2021年4月15日、ウイニングポスト9の新作が発売されました。

ウイニングポストはウイニングポスト6 マキシマム2004からやっています。
直近では、ウイニングポスト8 2016以来となり、9は初めてです。

最近では競馬ゲームといえばウイニングポストだと思っているので、プレイが楽しみです。

Winning Post 9 2021

ゲーム開始設定

今作ではスタート年を選べるようになり、これは良いですね。
2周目プレイなどでは特に、途中から開始できるといいなと思っていました。

僕は1984年スタートにしました。
ウイニングポストは昔の競馬を覚えるのにはうってつけで、僕も1980年代の競馬はウイニングポストで覚えた感じです。

スタート年の選択

最初の設定です。
ひとまず難易度はHARDにしました。

システム設定1

スペシャル種牡馬として、テンポイントやキーストンを登場させられます。
こういった馬の産駒を残すというのも、狙いたいところですね。

システム設定2

馬主申請で、名前や勝負服を設定します。
今、キャプテン翼を読んでいることもあり、翼の名前を借りました。

馬主登録申請

牧場開設です。
牧場長に選んだ「朝比奈すみれ」は8の時は秘書でしたね。

牧場開設

そして秘書の選択です。

秘書選択

これでゲーム開始です。
ウイニングポスト9から登場した絆システム、これの使い方がポイントなんですかね。

絆システム

3歳馬を譲ってもらう

3歳馬を1頭、譲ってもらえます。
牡馬か牝馬かという選択肢で、候補は以下の通りです。

3歳牡馬
3歳牝馬

スズパレードが良いかなと思いましたが、ここはダイナシュガーにしました。
ムッシュシェクル&シクレノンシェリフの母です。
牝馬だと繁殖入りできるので、序盤は牝馬狙いですね。

3歳馬を入手すると、プレイ目標が設定されました。
これを達成してランクを上げていくみたいですね。

プレイ目標

繁殖牝馬を譲ってもらう

続いて、繁殖牝馬を譲ってもらえるイベントです。
候補は3頭。

譲ってもらえる繁殖牝馬の候補

シバツルを選びました。
ここはよく分かりませんでしたが、血統がハイペリオン系ということで選びました。

シバツル

種牡馬を譲ってもらう

続いて、種牡馬も譲ってもらえるイベントがありました。
今作では、スタート時から牧場に種牡馬施設が付いていて、この譲ってもらえる種牡馬で、将来のリーディングサイアーランキングを狙うというイベントです。

譲ってもらえる種牡馬の候補

ここはメジロティターンにしようかなと思いましたが、ハギノカムイオーにしました。
母がイットーで、半姉にハギノトップレディ。
華麗なる一族は好きな血統なので、これで狙っていきたいです。

ハギノカムイオー

2歳馬を譲ってもらう

続いて、2歳馬を譲ってもらえるイベントです。

譲ってもらえる2歳馬の候補

ここでも牝馬ということで、ダイナシュペールにしました。
ダイナシュペールはダービー2着のボールドエンペラーに繋がる血統なので、選んでみました。

ダイナシュペール

プレオーダーの特権で当歳馬を入手

そして、ここでプレオーダーの特権で、マティリアルを入手しました。
マティリアルは残念な最期を迎えてしまったので、競走成績はもちろん、所有したからには種牡馬にして血を残したいですね。

マティリアル

1歳馬を譲ってもらう

1歳馬を譲ってもらうイベントもありました。

1歳馬を譲ってもらう

種付け

続いて、シバツルの種付けです。
なかなかの爆発力ということで、ラインゴールドを付けました。

ラインゴールド×シバツル

1984年 当歳セリ

当歳セリの上場馬リストです。
ここはコーセイを1億6000万で落札しました。
1984年生まれの牝馬だと、マックスビューティがいるので強敵ですが、トライアルやその他重賞でどこまでやれるかなというところです。

1984年当歳セリのリスト

ダイナシュガーの戦歴

さて、ここからダイナシュガーの初出走で、クイーンカップ。
5番人気です。

ダイナシュガーのクイーンカップ

結果は5着。

ダイナシュガーのクイーンカップ

クイーンカップの後はアネモネステークスで2着となり、桜花賞に出走しました。
結果は8着。
実際の桜花賞馬はダイアナソロンで、ハナ差の2着ですね。

ダイナシュガーの桜花賞

桜花賞の後は、NHKマイルカップかオークスかを選べて、NHKマイルカップに出走しました。
結果は5着。

この時代にはNHKマイルカップが無かったので、こういうifが楽しめるのも良いですよね。
やっぱりこの時期にマイルで目指せるレースがあると、短距離馬でも目標にできるので良いですね。

ダイナシュガーのNHKマイルカップ

NHKマイルカップの後は、以下のように出走しました。

ダイナシュガーの戦歴
ダイナシュガーの戦歴

新潟で2勝クラスを勝つと、ローズステークスでは6着。
その後は短距離路線に切り替えて、信越ステークス、京阪杯と連勝して、1984年(1年目)を終えました。

さすがにGⅠでは掲示板まででしたが、重賞を勝てたのは良かったです。

ダイナシュペールの戦歴

2歳馬ダイナシュペールは、未勝利を勝った後は微妙な戦歴でした。
実際は小倉3歳ステークス(現小倉2歳ステークス)を勝ちましたが、12着と大敗でした。
ダイナシュペールはパワーがなく、あまり好走できませんでした。
ウイニングポストはパワーが無いときついですね。

ダイナシュペールの戦歴
ダイナシュペールの戦歴

2年目に続きます。

Winning Post 9 2021

コメント

タイトルとURLをコピーしました