【ウイニングポスト9 2021】1984年スタート プレイ5年目(1988年)

スルーオダイナのカドラン賞 Winning Post 9 2021

ウイニングポスト9 2021のプレイ日記です。
1984年スタートで始めています。
※エディットは時間が掛かるため、未実施です。

前回、プレイ4年目については以下の記事をご覧ください。

今回はプレイ5年目(1988年)です。

5年目の所有馬

  • マティリアル(4歳)
  • コーセイ(4歳)
  • スルーオダイナ(4歳)
  • シヨノロマン(3歳)
  • スーパークリーク(3歳)
  • 初期繁殖牝馬シバツルの85(3歳)
    →戦歴は割愛、新馬を勝ったところまでは良かったが、結局2勝クラスを勝てず引退
    ラインゴールド×シバツルという血統
  • ドクタースパート(2歳)
  • ミスタートウジン(2歳)

マティリアルの戦歴

マティリアルは東京新聞杯から始動し、1着。

マティリアルの東京新聞杯

続いて、マイラーズカップでも1着。
ここまで来たら、GⅠを勝ちたいですね。

マティリアルのマイラーズカップ

マイラーズカップの後は安田記念で2着。
安田記念の後は海外でウッドバインマイルステークス7着。

マティリアルのウッドバインマイル

ウッドバインマイルステークスの後はコックスプレートで14着。
海外は適性ぴったりのレースじゃないと、かなり厳しい感じですね。

マティリアルのコックスプレート

コックスプレートの後は香港カップで8着。

1年の戦歴は以下の通りです。

コーセイの戦歴

コーセイは愛知杯から始動し、3着。

コーセイの愛知杯

愛知杯の後は中山牝馬ステークスで1着。

コーセイの中山牝馬ステークス

中山牝馬ステークスの後はヴィクトリアマイルで4着。

コーセイのヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイルの後はマーメイドステークスで1着。

コーセイのマーメイドステークス

マーメイドステークスの後はクイーンステークスで2着。
斤量57で、そろそろ別定はきつくなってきました。

コーセイのクイーンステークス

クイーンステークスの後は府中牝馬ステークスで2着。
ここは勝てると思いましたが・・・・

コーセイの府中牝馬ステークス

府中牝馬ステークスの後はエリザベス女王杯で3着(2着がシヨノロマンで後述)
エリザベス女王杯の後はターコイズステークスで1着。

コーセイのターコイズステークス

1年の戦歴は以下の通りです。

スルーオダイナの戦歴

スルーオダイナはダイヤモンドステークスから始動し、2着。
ここはちょっとハンデが重かったですかね。
マウントニゾンも長距離では強いですね。

スルーオダイナのダイヤモンドステークス

ダイヤモンドステークスの後は阪神大賞典で2着。
カシマウイングも結構強敵です。

スルーオダイナの阪神大賞典

阪神大賞典の後は天皇賞春で2着。
1988年のタマモクロスは非常に強かったですし、クビ差まで迫れるとは惜しかったです。

スルーオダイナの天皇賞春

天皇賞春の後は海外に挑戦で、まずゴールドカップへ。
ちょっと差を付けられてしまい、4着。
スルーオダイナにとっては4000mはちょっと長いので、柔軟性などがどこまで成長できるかですかね。

スルーオダイナのゴールドカップ

ゴールドカップの後はグッドウッドカップで1着。
早くも海外で勝てて良かったです。

スルーオダイナのグッドウッドカップ

グッドウッドカップの後はカドラン賞で1着。
ゴールドカップで4000mで勝てませんでしたが、ここでは圧勝。

スルーオダイナのカドラン賞

カドラン賞の後はメルボルンカップで10着。
ハンデ戦の58kgもきつかったですかね。

スルーオダイナのメルボルンカップ

メルボルンカップの後は香港ヴァーズで11着。

1年の戦歴は以下の通りです。

シヨノロマンの戦歴

シヨノロマンは菜の花賞を勝ってクイーンカップで1着。

シヨノロマンのクイーンカップ

クイーンカップの後は桜花賞直行。
結構良い感じでしたが、3着。(実際は2着)
忠実通り、アラホウトクが勝ちきりました。

シヨノロマンの桜花賞

桜花賞の後はオークスへ。
5馬身差の圧勝で1着。
やはり長い距離の方が良いですね。

シヨノロマンのオークス

オークスの後は休んで紫苑ステークスで1着。

シヨノロマンの紫苑ステークス

紫苑ステークスの後は秋華賞で1着。
このハナ差は熱が入りました。
3冠は1つ勝てれば良いなと思っていましたが、オークスと秋華賞の2冠になりました。

シヨノロマンの秋華賞

秋華賞の後はエリザベス女王杯で2着。

シヨノロマンのエリザベス女王杯

1年の戦歴は以下の通りです。

スーパークリークの戦歴

新馬、ゆりかもめ賞、すみれステークスと3連勝して、皐月賞へ。
結果は3着でした。
3歳春にここまでやれるとは思いませんでした。

あと、実際に勝ったのはヤエノムテキでしたが、1988年の皐月賞は中山競馬場の改修工事のため、東京競馬場で行われました。

サッカーボーイは飛節炎で出走できませんでしたし、中山だったらどうなったかを考えるのも面白いですね。

スーパークリークの皐月賞

皐月賞の後はダービーへ。
ここもちょっと厳しいかなと思っていましたが、なんと1着。
これは驚きました。

スーパークリークのダービー

ダービーの後は海外でイギリスセントレジャーへ。
超長距離なら勝てるかもと思いましたが、相手が強く4着。

スーパークリークのイギリスセントレジャー

イギリスセントレジャーの後は菊花賞で2着。
ここは勝てると思いましたが、ミスターシクレノンも走りますね。

スーパークリークの菊花賞

菊花賞の後は有馬記念で5着。
タマモクロスも強かったですが、オグリキャップが強すぎます。

スーパークリークの有馬記念

1年の戦歴は以下の通りです。

ドクタースパートの戦歴

新馬、百日草特別と連勝して、ホープフルステークスで1着。
3冠路線も期待できますね。

ドクタースパートのホープフルステークス

ミスタートウジンの戦歴

晩成なので未デビュー。

ミスタートウジンの戦歴

年末表彰

年末表彰はシヨノロマンが選ばれました。

1988年の年末表彰

1988年 当歳セリ

1988年の当歳セリでは3億でイソノルーブルを買いました。

イソノルーブル

庭先取引

庭先取引ではフジヤマケンザンを買いました。
タフネスを持っているので、成長力に期待したいです。

フジヤマケンザン

プレイ評価

ランク5まで上がりました。
金と銀のお守りゲットですね。

プレイ評価

所有する1歳馬

所有する1歳馬は以下の通りです。

所有する1歳馬

6年目に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました