【アーリントンカップ 2021】ホウオウアマゾンが重賞初制覇!好スタートからスピードで押し切る

2021アーリントンカップ GⅢ

※レース画像をJRA公式ホームページから引用

2021年4月17日、阪神競馬場でアーリントンカップ(芝1600m)が行われました。
JRA公式のアーリントンカップレース結果

2021年のアーリントンカップを制したのは、ホウオウアマゾン

競走成績:6戦3勝(2021年4月17日現在)

ホウオウアマゾンは重賞初制覇となりました。

2歳時は野路菊ステークスを強い勝ち方で勝つと、デイリー杯2歳ステークスで2着。

レッドベルオーブとの叩き合いは見応えがあって、強い競馬をしていました。

朝日杯フューチュリティステークスでは9着。

この時はレース中にトモを痛めていたようですね。
長期離脱も覚悟していたそうですが、回復も早く、アーリントンカップに間に合ったようです。
朝日杯フューチュリティステークスではデイリー杯2歳ステークスからの間隔も狭かったので、反動もあったと思います。

そして、休み明けで迎えたアーリントンカップ。
馬場が非常に悪い中でしたが、スピードで押し切って強い競馬でした。

NHKマイルカップは、鞍上が誰になるか分かりませんが(川田ジョッキーはグレナディアガーズ、松山ジョッキーは隔離期間中)東京の高速馬場は合うと思うので楽しみです。

ホウオウアマゾンの血統

父:キングカメハメハ
母:ヒカルアマランサス
母の父:アグネスタキオン

血統表は以下の通り。

ホウオウアマゾンの血統
引用元:netkeiba.com

父はキングカメハメハなので、デイリー杯2歳ステークスの時のような高速馬場の方が合ってそうですね。

母ヒカルアマランサスは京都牝馬ステークス勝ち、ヴィクトリアマイルでも2着など、牝馬重賞戦線で活躍しました。

叔父にカレンミロティックがいます。

レース映像

ホウオウアマゾンは9番(黄色の帽子)です。

引用元:JRA公式YouTubeチャンネル

天候:雨
馬場:重
レース時計:1:34.2
ラスト4F:47.2
ラスト3F:35.0
前後半600mのラップバランス:34.7 – 35.0
前後半800mのラップバランス:47.0 – 47.2(ミドルペース)

1着ホウオウアマゾン 1番人気

好スタートで2番手から抜け出し、強い競馬でした。
前々から思っていますが、距離が延びても良さそうですね。

NHKマイルカップは反動との戦いかなと思います。
これだけ悪い馬場でレースをした後だと、どうしても反動が出てしまいそうなので、それだけが気がかりです。

5月の東京マイルという舞台だけ考えると絶好の舞台だと思います。

2着リッケンバッカー 10番人気

前半から押していて、位置が取れるかというところでしたが、上手いレース運びでした。
直線は前が空くと力強く伸びて、力のあるところを見せました。

母系にはサドラーズウェルズも入っていて、悪い馬場も得意ですかね。

未勝利の勝ち上がりに時間が掛かりましたが、戦ってきた相手もルークズネスト、サルファーコスモスなど強かったので、ここまで人気が落ちてたのは驚きました。

NHKマイルカップの高速馬場はどうかなというところです。

3着レイモンドバローズ 7番人気

最後の坂でさらに伸びた感じでした。
母系はサドラーズウェルズ、パントレセレブル、グリーンデザートとパワーや底力がありそうな血統ですね。

流れれば前にいってしぶとそうな感じですかね。
リッケンバッカー同様、NHKマイルカップの高速馬場はどうかなというところです。

4着ピクシーナイト 2番人気

いったいったかなと思いましたが、これがトライアルの仕上げですかね。
モーリス産駒ですし、叩いたほうが良さそうなので、次は期待したいです。

シンザン記念のラップが3F目から、11.3 – 11.6 – 11.8 – 11.6 – 11.6 – 12.0 と、締まった流れで強い競馬をしたので、今回は悪い馬場だったにしろ、ちょっと流れも向かなかったかなという印象です。

NHKマイルカップは流れそうなので、楽しみです。

5着ワールドバローズ 8番人気

4コーナーは手応え良さそうだったが、1400mまでって感じですかね。
ディスクストリートキャット産駒で芝でこれだけ走るのは、2歳からの仕上がりの早さで走っているような感じかなと思うので、今後はあまり期待できそうにありません。

▼JRAの情報は以下をご覧ください
JRA公式ホームページ
JRA公式Facebookページ
JRA公式Instagramアカウント
JRA公式YouTubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました